「土用」を活用しよう

鰻で有名な「土用」ですが、そもそも季節の変わり目の約18日間が「土用」です。つまり、春の「土用」なども存在します。「土用」が終われば、次の季節が立ちます。即ち、立春・立夏・立秋・立冬の前日までの約18日間が「土用」です。

例えば、今年の立冬は11月7日です。2020年10月20日~11月6日辺りが、次の「土用」です。つまり、今まさにわたしたちは「土用」の中にいます。

そして「土用」の時期は、心身が隅々まで次の季節と調和していけるよう、静かに身の回りを整えて(例: 衣替え)、身体をととのえて(例: いつも以上によく寝る)、心をととのえて(例:大義を思い出す)、何より無理をせずに過ごす時期です。

地球環境の悪化で「今までならこれでうまくいったのに」というケアでは、到底追いつかなくなっています。局所的にお天気や湿度も変化したり、言動不一致の人もものすごく増えました。そんな中、比較的心身を感じられていた人も、苦しみに喘ぎ始めるようになったので、頭からリマインドすることで、少しでも皆さんが心身を健やかに保てるならと「土用」という視点に光をあててみました。

【募集スタート】単発コーチング「ふぅ~っ」

あと二ヵ月ある2020年は、今でにない変更も多く、みなさん本当に疲れたろうと思います。未だ、海外にクリスマスギフトも送れず、戦時中のようです。

疲れが出ると、自分でも気をゆるめたくなかったタイミングで勝手にゆるんでしまったり、各種ケアが追いつかず、すり減るような気持ちになるなど、望まないドミノ倒しも起きます。

一旦疲れをどっと出して、足りないケアにしっかり手を伸ばし安心を増やすことで、自分の中に自然と余裕が生まれるようにしてあげると、誰でも本領を発揮しやすくなります。今回はそんな単発コーチングの時間をみなさんと持とうと思います。

~~

■ 日時:≪年内に対応≫

  • 11月3日(祝)13:00~14:00
  • 11月3日(祝)20:00~21:00
  • 11月6日(金)20:30~21:30
  • ~年内の希望日時を提案

■ 対象:≪一つでもYESなら≫

  1. 今年は変更が多かった
  2. 今年はよく工夫した
  3. 今までにない喜びがあった
  4. 今までにない感謝があった
  5. 日々の優先順位が変わった
  6. パートナーを見直した
  7. 職場に失望した
  8. 子供の学校に呆れた
  9. 自分が頑張ればいいと思った
  10. みんなを励ましたいと思った
  11. 面倒だと言わないようにした
  12. 疲れたと思わないようにした
  13. 美味しくないご飯は疲れる
  14. 気温差や湿度差がもう嫌
  15. 気力が湧いてきてほしい
  16. 体力もりもりになりたい
  17. 心配しないで暮らしたい
  18. 心から大丈夫だと思いたい
  19. コーチングを試したい

■ 手段:スカイプ or 電話
■ 参加費:33,000円(税込)
■ 定員:3名まで
■ 〆切:11月2日(月)12:00

▼ お申込み:https://is.gd/fy18ke

<キャンセレーションポリシー>

お申込みと共にキャンセレーションポリシー適用となり、お受けにならずともセッション費はそのままお支払い頂きます。お申し込み後も、年内を対象として日程変更は承ります。幼児の急な発熱・弔事・天災によるライフライン断絶時などは、日程を調整し対応します。過去にクライアントだった方に限りお子様と一緒のコーチング・お子様へのフィードバックも承ります。コーチングを申込んでいいかわからない状態にある場合、そう感じる状態を詳細に表し、ご連絡下さい。

葉は良くなり、根や幹が悪くなる

今日から、二十四節気では「霜降」にはいります。ここから「立冬」までの間に吹く寒い北風を「木枯らし」と呼ぶそうです。

先日、漢方薬局で「その説明わかりやすい!」と思ったのは「人を木に例えるなら、睡眠と休息・食事・運動が、根っこをしっかりさせて幹を太くする。漢方は、葉っぱが枯れ始めたりしたら使うもの。漢方で葉っぱは元気になっても、睡眠と休息・食事・運動がちゃんとしていないと、またすぐ葉っぱが枯れたり、木がぐらぐらしてしまう」でした。

さらには、本来なら血圧を正常化させる生薬なども、睡眠と休息・食事・運動を改善しないまま「これがいいらしい!」と飛びついて飲み始めると、逆に「高血圧の人には危険」と見える状態に入ることもあるそうです。つまり、根や幹に働きかけず「まだ未病の状態だから」と、葉にばかり働きかけると、逆に根や幹が力を失ってしまうという、逆効果にもなってしまうんです。

実は、よかれと思って、自分の根や幹が力を失ってしまうことをしている方は、コーチングでもよく見かけるんです。

ドキドキ。

わたしが今すごくみたいのは、カタバミの種がはじけるところなんです。

種の入っている皮(映像では白く見える部分)は、ゴムのような弾力があって、ごく少しの刺激で、破れて反り返って種を弾き飛ばすそうなんです。皮によって、斜め上に向かって1~2mも飛ぶなんて、すごい仕組みですよね!

まだ、さまざまな種類のカタバミがあちこちで咲き乱れているので、種の入った実を見逃さないようにして、軽く触れてみたいな!と、ドキドキしています。

みなさんは、最近ドキドキしちゃう楽しみ、何かありますか?

Suddenly the Ordinary has become Extraordinary

This year I started to pay attention to the ground while walking. And I was amazed at how much the ground was filled with flowers.

This autumn, I realized that I could find garlic chives everywhere, even in parking lots. Or at least it looked like garlic chives. But was I right? This question was my starting point to be passionate about field flowers.

One day, one of my friends shared an app which uses AI to identify the exact names of plants. So I downloaded it onto my iPhone while walking. I just needed to pass my iPhone camera over the plants.

I remember the first moment I used it, because it showed a lot of names one after another through my iPhone camera. I felt like Helen Keller. Suddenly I could know many names and those names opened a new world to me. Suddenly the ordinary became extraordinary.

And the plant which was similar to garlic chives was actually another kind of plant which we cannot eat. However I could find many medicinal plants near my house. And some of them were rare. I also find very toxic plants which are common here. And some leaves were used to make kimonos in ancient times. It is still used for making kimonos. That was surprising!

COVID-19 helps me stay in this land and open a new door to me.

ターメリックに白胡椒

オンラインWS「女性Ⅱ」のお申込みは、今夜21時までです。

気候変動により、今年は7月に秋のような風景になり、10月は6月を思わせる風景が展開しているため、面食らっています。からっとした秋は、どこを見渡してもいません…。さて、こちらにある通り、盛夏になる前、さらに身体を細かくケアしようと、台所のスパイスを見直しました。

その結果、ターメリックと白胡椒が仲間入りし、黒胡椒に別れを告げています。そしあつ、たったこれだけですごく調子が良くなったので(他に色々やっていることが大前提)ビックリしています。思えば、黒胡椒はあまり使わないから減らないからこそ、ずっと家にあっただけで、最初に黒胡椒を買った10年以上前は「ミルで挽く感覚が楽しい」という視点で選んでいました。

白胡椒になって、黒胡椒と比べると自然と出番が5倍以上になっています。身体に合うから、手が伸びるんです。そして、ターメリックは卵に入れるとコクがでるから、卵料理に入れることが多いです。

本当にスパイスが一つ減り、そして新しく二つ仲間入りしただけで、こんなに身体が楽になると思わなかったので、驚きました。また、料理の楽しさもUPしたのを感じます。小さな変化は、本当に予想もしない大きな変化を、もたらしてくれるんですね!その大きな変化には、喜びと自由が詰まっていました。

パートナーシップがうまくいく秘訣 2/2

前回の続きで、パートナーシップについてお話しています。発達障害や脳機能障害をうたがう症状や状態がない場合なら、家系や結婚の原則をまもっているか(理にかなっているか)をみていくことで、パートナーシップを改善できます。

(発達障害や脳機能障害の可能性がある状態でも、家系や結婚の原則を守っているかを見て行くことは有効ですが、それだけでパートナーシップの悩みが消えることはない、の意味です。)

私達が経験する多くのことは、私達を含むもっと大きな目に見えない動きによって、決まっていきます。はっきりいって、自由意志などというものは、ありません。しいて言うなら、自由意志は服従のための道具として用意された幻想です。

話を戻しますが、だから家系や結婚の原則がまもられてきたかをみていくことが、あなたの人生に明るさを取り戻していきます。そんなお話をしています。具体的にやりたい方は、コーチングにいらしてください。

そして、夜の静けさも堪能してみて下さいね!それでは、お聞きください。

★今日も”thumbs-up”
Podcastはこちら
Radiotalkはこちら
パソコンからなら、アプリのインストールは不要で、上記どちらもそのまま再生できます。

【秋のワックス休暇】

ヨーロッパは再び、新型コロナ感染率がかなり深刻な数値になってきました。イギリスは外食を割引するキャンペーンで、感染率が上がったという指摘もあり、日本のこの先が思いやられます。

日本では、台風で土砂崩れが起きたり、気温が乱高下したり、まるで梅雨が戻ってきたようなお天気と咲き乱れる植物の様子に、私はクラクラします。10月にこんなにつゆくさが咲き乱れる大地は、初めて見ました。

さて、そんな中、わたしは床のワックスがけとたまった読むべき論文を片付けるため、ブログ上ではお休みをいただきます。セッションは通常通り行なっています。また、ワークショップも通常通り、募集中です。

よろしくお願いいたします。

パートナーシップがうまくいく秘訣 1/2

秋は肌寒くなることから、人恋しくなる季節とされて、マーケティングでもこの点が幅広く利用されています(笑)。

しかし、やっぱり人恋しくなる人が一定数いるから、ある程度その方法に勝算がうまれるわけなので、それなら「パートナーシップ」について、ちょっと目をひらいてみましょうか!というお話をしています。

「パートナーシップ」は、国 vs.国でも、先生と生徒でも同僚同士であれ、どこにでも溢れています。つまり、コミュニケーションの基本です。その結果として、男女間のことがうまくいかなくなったりして、その部分だけしか認識できない方もいらっしゃるようですが、対恋人だけがうまくいかないということは、基本的にありえません。

さびしいから~と流されるのではなく、涼しくなった空気に目をばちっと開いて、明るく澄んだ気持で秋を過ごしませんか?それでは、きいてください!

★今日も”thumbs-up”
Podcastはこちら
Radiotalkはこちら
パソコンからなら、アプリのインストールは不要で、そのまま再生できます。

新時代のスピードなんてない。

自粛中は、現実逃避からかアフターコロナという言葉がはやって、しばらくして収束の気配がないとなると、ウィズコロナになって…と、言葉はあちこちで人と共存しています。

でも、例えば「新時代のスピード」なんて、そもそもありません。流れ続けている時間は、たとえるなら川です。川がゴーゴーと流れているときには、5㎞離れたってやっぱりゴーゴーと流れています。川がゆったり流れているときは、5km離れてもやっぱりゆったり流れているのです。

変わらない時の流れに、時代という広告と関連の深い言葉を持ってきては、さもありなんという感じで「新時代のスピード」等々言ってくる人たちは、川をみたこともないのでしょう。つまり、時間に追われる生活をしていて、時の本質には触れていないのでしょう。

あなたが本質にあれば、こういう広告絡みのワードからは、いつも自由に生きているでしょう。振り回す気満々のものに、ひっかかりもしない爽快さが、当たり前でしょう。

できないことが魅力になる。

明日は全国的に、11月の天候から9月の天候へとうつるようで、夏日の予想の地域も多くありますね。みなさん、ご自愛ください。

さて、できることは強みに、できないことは魅力になっていきます。また、ある時点からは、できることは嫌味になります。

今まで頑張ってきた方、すなわち意識のボリュームがうんと上がっていた方は、できることを増やそうとしたあまり、それが嫌味の領域に入っていて、かつ魅力が表現されていないことに、なかなか気づけないようです。

ここからは、できないことが魅力の表現を助けてくれることに、喜んで降参していきましょう。そうすると、人生の自由度が上がっていきます。自分の感覚と合う人と出会いやすくなったり、優しさをいただきやすくなります。