セックスは、純粋でも不潔でもない。

Tags

,

セックスを、純粋/不潔といった、特別な位置に置きたがるなら、あなたのセクシャリティはここまでずっと、傷つけられたままだったという表現が可能です。

セックスが、純粋でも不潔でもないものとして、経験されることを助けるものに、ネロリの精油があります。性的な関係とは、本来spritualなもので、人間は本来spiritualな存在です。そもそもわたしたちの身体は、純粋でも不潔でも不安定でも不完全でもなく、(あえていうなら)神聖で完全(=whole)です。

他にも、パチュリはセクシュアリティの認識と、「わかったかどうか」に拘ったり概念でとめずに、身体全体ですべてを経験することを助けます。ジャスミンは肉体同士が快楽ボタンを押してうむもののようにセックスをとらえる人に、性的関係が本来supiritualな関係に移行しうるものであることを知らせ、助けます。

代表的なものだけ書きましたが、閉経していようとしてまいと「セックスは、純粋でも不潔でもない」が、どしっと肚に落ちているかいなかで、あなたの魅力だけでなく生きやすさもいい方へ変わりゆくでしょう。

夫/妻や恋人に、性的な関係を拒まれる(二)

Tags

, ,

昨日の続きです。夫/妻や恋人に、性的な関係を拒否されるとき、コミュニケーション・レベルで次に試したいのは「今の自分/相手の限界を尊重する」ことです。

相手から「愛しているけれど、どうしても性的な関係は今はちょっと…」と言われたら、現時点での相手の限界はそこなのだときちんと尊重しましょう。「そうはいっても、本当は…」と邪推したり、「以前はこううだったのに」と恨みがましくなるのではなく、相手を信じられる自分でいられるくらい、自分自身をちゃんと普段から愛して尊重していくことです。

同時に、相手の限界は変わることがあります。もしも、言えるなら「愛しているけれど、どうしても性的な関係は今はちょっと…。でも、今自分の課題が〇〇だと分かって、ゆっくりと取り組んでいるところだから、よかったら見守ってほしい」と伝えてみましょう。そうすると、相手も「本当に自分のことを愛していて、でもこの人はそれとは関係ない別の要因で、痛むことを抱えて、それと向き合うという大事なプロセスを踏んでいるんだ。愛する人のそういう姿を見守れるなんて、なんてかけがえのない時間なのだろう」と、思いをあなたへの追い風になる場所に、置きやすくなります。

もちろん「そうは言われても、受け入れられない」と感じるなら、まずは、今のその自分の限界を尊重するところから始めましょう。「今の自分はそうなんだな」と、ただ受け止めて、内なる旅を始めると希望への近道がひらけるでしょう。

夫/妻や恋人に、性的な関係を拒まれる(一)

Tags

,

夫/妻や恋人に、性的な関係を拒まれるとき、コミュニケーション・レベルで試したいのは「何の期待もせずに、こうしたいという思いを伝える」ことです。

性的な関係を拒否されるとき、あなたは生活の他の面でも、相手に要求がましく振る舞っている可能性があります。高い要求を突き付けられれば、当然そうされた方は圧力を感じます。圧力をかけてくる相手の前で、無防備になりたい(性的な関係をもつことが無防備になることだという意味ではない)とは思わないのが健全ですし、そういう人を選んだ自分自身にだって疑問を持ち始めて、自分の生き方を見直し始めるのが、ふつうでしょう。

もちろん、夫/妻や恋人間で「高い要求を突き付けてくる相手を征服したい」と思うから、相手に性的な関係を求める場合もあります。高い要求を突きつけ、緊張を高めてくる相手を「コントロールしたい」と思い始めるのです。そうすると余計に、相手を無意識にでも誘惑し始めてしまうことは、先日書いた通りです。

一般に、性的でなくても、パートナーシップにおいて、要求がましくないあなたを感じれば、相手が心を開くのはふつうです。だから、まずは「何の期待もせずに、こうしたいという思いを伝える」チャレンジをしてみましょう。伝える前に20分くらい瞑想するのは、助けになるでしょう。

明日に続きます。

お金があったときは、セックスもうまくいった?

Tags

, ,

真に自分のパワーとつながらないでいると「資産がこんなにある」「こんなに稼いでいる」「こんなに幅広く物を持っている」といったことを、自分のパワーだと錯覚します。物を捨てられない人だけでなく、気に入ったものは2つ以上買わないと気が済まなかったり、コレクション好きの方や自分では物が少ないつもりの方も、ここに該当します。

この偽のパワーは、当然、人生の一領域である性的なことにも影響します。だから「お金が無くなったら、セックスもうまくいかなくなっちゃった」「お金に恵まれるようになったら、セックスがうまくいくようになった」という展開も起きます。「だからお金が大事なんだ」と来た道を戻るのでは、発展がありません。いつまでも、フェイクに頼っていては、あなたの人生もフェイクのまま終わりを迎えることになります。それでいいですか?

この段階では、「所有する/Having」と「存在する/Being」をしっかり区別しきる学びをしきるチャンスに恵まれています。何も持っていなくても、何か持っていても、それはあなたという存在のかけがえのなさとは別のことだと、しっかり受け取り切りましょう。今、あなたはそれをとてもやりやすい段階にきているのです。どんな段階にも、必ず恵みはあります。

パワハラ・セクハラ(二)

Tags

,

昨日の続きです。

「自分がコントロールできるようにしたい」人は、支配されることを恐れながら、支配することを望んでいるわけです。ごく軽度であっても、パワハラやセクハラをしたりされたことがあるなら、これは女性のあなたの話だと思って、どこかの誰かの話にしないで、読んでくださいね。

そんなあなたのお父さんは、あなたとのどんな小さな約束も大事にして、守ってくれる人だったでしょうか?あなたがお父さんのいいところを一生懸命探した後で、そんなことしなければよかったと失望するようなお父さんだったでしょうか?責任感があって頼もしいと感じられるお父さんだったでしょうか?

そうではなく、お父さんに失望させられてきたから、いわばお父さんから裏切られ続けたから、支配を恐れながら支配を望む今のあなたが、ここにいるわけですね。お父さんをゆるせたら、そしてお父さんを恨んだり怒ったりしていた自分もゆるせたら、あなたの人生はその瞬間から、よい方へ激変します。

パワハラ・セクハラ(一)

Tags

,

人間として好きだけれど、異性としては惹かれていない相手に勘違いされるなら、それはあなたがまだ真に自分のパワーとつながっていないことを表します。まったく無意識に、ただ手が当たっただけでも、単につまづいてよろけただけでも、もともとジェスチャー多めのコミュニケーションスタイルだとしても、あなたの中には「自分がコントロールできるようにしないと、こわい」という思いが潜んでいたと、認められるなら、あなたのいる状況はぐっと前に展開し始めます。

「自分がコントロールできるようにする」ためには、「今日も他人をコントロールできた」という実感の積み重ねが必要になりますよね?異性に対しては「誘惑したらのってきた」がそれに当たります。そうやって、異性を誘惑することで「だいじょうぶ、自分にはパワーがある」と安堵すること自体が、あなたがまだ真に自分のパワーとつながっていないことを表します。

この状態にあると、パワハラとセクハラを同時にしたり受けたりといった、セクシュアルなこととパワーがらみのことが、同時に起こっていきます。する側もされる側も、この課題を抱えているということです。「男性/女性がこわい」という人にも、この無自覚の誘惑は、非常に多く見られます。

明日に続きます。

【開催概要】晩秋のオンラインWS「セクシュアリティ」

Tags

,

セクシュアリティ(性)と聞くと、逃げ腰になりうやむやにしたがる方が多いでしょう。母親という役目に逃げてみたり、自分に高い規律を課しそこに隠れたり、嫉妬など余計なものをつけて混乱を深めたり友達にも話さない「ごく普通の」大人は、あなたかもしれません。

隠し続けたことはやがて強迫観念となり、あなたが紡ぐ関係姓を脅かします。セクシュアリティという、もっとも尊重されるべき神聖とも呼べるわたしたちの側面が、厄介で汚いものであるかのように扱われ、その様子を子供たちが真似していく様は、未来を仄暗くしませんか?

例えば、セクシュアルであることと官能的であることは、全く別です。子供が性に関心をもつ健全さが、歪められた形で現れるなら、それは大人の課題が如実に表現されています。セックスしなければならないわけでも、セクシュアルだからモテるわけでもありません。死を考える絶望が、色気として表れることもあります。色っぽいからセクハラされるわけではなく、セックスとは、奪ったり自分を証明するものではありません。与え続けて、自分の器を大きくする側面を持ちます。

他にも多々ありますが、今回はこれらすべてを網羅するスキームを用意し、いくつかの本質的な変容を促すワークを経験して頂いて、まずはご自身のセクシュアリティ/パートナーのセクシュアリティに対する誤解から、あなたを自由にします。その上で、セクシュアリティを健やかに使うことで、人生全体に正の影響を与え、さらなる豊かさを生きられるよう、サポートしていくワーショップをご用意しました。

上述した「色々」の一部は、これからブログでも書いていきますので、ご一読頂いて、ご自身の内を解したり、受け取って頂けたら幸いです。

—–

晩秋のオンライン・ワークショップ「セクシュアリティ」

■ 場 所:スカイプ上(有線LAN接続 推奨)
■ 日 時:~11月中でしたら、別日程もOK~

- 11月26日(月)午後7:30~9:30
- 11月27日(火)午後0:00~2:00
- 11月28日(木)午後1:00~3:00
- 11月30日(金)午後8:00~10:00

■ 対 象: ~以下、ひとつでも当てはまる方~
□ 恋愛するのは気が重い
□ これまでに、セクハラにあったことがある
□ 無自覚にセクハラしたことがある
□ 異性が怖いから、つい誘惑してしまう
□ パートナーとの間に性の不一致を感じ、戸惑う
□ 「与えると自分の器が広がる」を理解したい
□ 親密でも性的ない関係を、理解できない
□ 性的な関係になることを恐れ、親密になれない
□ 何であれ、他者を喜ばせると、怒りが湧く
□ 今のパートナーに、惹かれるのに萎える
□ 自分から触るのはいいけど、触られるのは嫌
□ 触られるのはいいけど、自分から触るのは嫌
□ 自分の人生を創造できるようになりたい
□ なぜ男性/女性がこわいのか、理由を知りたい
□ 性的/官能的を、区別できるようになりたい
□ 性について、子供に健全に伝えたい
□ 自分の気持ち/感覚を捉えるのが、難しい
□ パートナーを思うと、恨めしい文句が出る
□ コンドームなしでセックスしたい
□ 「あの女/男、ここがよかったな」と思い出す
□ 関係が始まる前に、異性が遠ざかってしまう
□ 不倫や三角関係を経験したことがある
□ オーガズムを感じない/感じさせない
□ 自分/パートナーが、浮気中だ
□ 家庭内で親の「代わり」をしていた
□ 異性の親から、不当に扱われた記憶がある
□ パートナーの不貞に、なぜかうれしくなった
□ パートナーが新しい人の下に行き、ホッとした

■ 定 員:各2名
■ 参加費:12,000円
■ 〆 切:11月25日(日)夜21:00

▼ お申し込み:https://ws.formzu.net/dist/S86985973/
※ 別日程をご希望の方は、早めにお申し込み下さい

~ ご協力お願い申し上げます ~

治療が必要な方・ 喫煙常習者・飲酒常習者は、ご利用頂けません。プレゼント利用の際は、守秘義務に同意したものとみなします。お子さんやペットのいる方は、ご家族に協力をお願いしましょう。複数で進めますので、静かな環境づくりにご配慮ください。お申込み後のキャンセルは、一切承りません。参加費が発生します。

—–

セクシュアリティと聞いて、尻込みしたり、恥ずかしさや罪悪感が自らの中に見つかる方ほど、ここ一番の勇気を今使って、今回のワークショップにいらしてください。今後の人生が、よい方へ変わります。

嫌なのに押し切られ、気分が悪い。

Tags

「そうしたくない」とうっすらでも表しているのに、相手が説得してきて、最後はなぁなぁになって相手の思い通りになってしまって、嫌な気分がもやっと残ることはありませんか?

昨日の記事とつながりますが、あなたは「そうしたくない」と要求/望みをクリアにするだけでなく、そういう要求/望みが属する自分を肯定していく必要があるのです。それを学びきるにはふさわしい状況が開けています。考えようによっては、非常にラッキーです。

あるいは、別の面で同じ相手に対して、あなたも相手を説得して最後はなぁなぁにして自分の思い通りにするというコントロールをしている可能性があります。支配 vs. 被支配の関係では、場面によって、今回はこっちが支配者、今回はこちらが被支配者のように、立場が上に下にと逆転します。なんだか、取っ組み合いのけんかみたいだし、下り坂でもあれば、ころころ転がっていきそうですよね?かといって、上り坂は上がれそうにないですよね?そう、いい方へ上がっていく関係ではないのです、支配 vs. 被支配は。

パートナー間では、「愛される≠セクシュアルな存在として望まれる」を、理解していないと、こうした取っ組み合いの競争し続ける関係になります。相手が自分に性欲を感じると「愛されているかも」と思い、それを確信にかえるべく、性的行為に入ります。「愛情はあるのに性的な行為に入らないなんて、ありえない」という信念を生きているので、相手から性欲を引き出そうと、無意識に誘惑します。「愛されないんじゃないか」という恐怖から、性的行為を利用している状態なので、性的行為や性的関係や自分のセクシュアリティへの尊重は、存在しません。セクシュアルな話については、明日以降、ダムの放流のごとく書いていきます。

要求がうまく伝わらない。

Tags

要求がうまく伝わらないとき、あなたサイドでできることは、まずその要求/望みはあなたに属すると、所属を明確にすることです。

ということは、その要求/望みを「~なら、何でもいいんですけど」のように曖昧にしたりせず、「…をしていただきたくて、ただしーはしていただきたくない」と、明確に言える必要があります。あなたの要求/望みですから、それを見極める態度も、あなたに属します。

次に、その要求/望みを持っている自分を、きっちり肯定することです。その要求/望みをもっていながら「もしダメなら、こうでいいんですけど~」「わたしが〇〇なのかもしれないんですけど…」のように、持ち主である自分をぐらぐらさせては、あなたに属する要求/望みも、当然ぐらぐらします。木の根っこがぐらぐらすれば、上になっている実もぐらぐらするということです。

ここまでやったら、引き続き「これは自分に属する」と思ったものだけ、しっかり引き受けていくのみです。スーパー無責任な相手だと、全体を見渡すたび、難儀な思いをするだろうとは思います。ただ自分のすべきことだけ見て、なしていくことに徹すると、多くの方は「要求が伝わるようになった」という経験をされるだろうとも思います。

どちらにせよ、手足は冷える。

Tags

常に締め切りに追われる仕事だったり、実質的に責任者不在のプロジェクトの中で責任を押し付けられたりすると、交感神経が高ぶります。(あなたが女性なら、テストステロンの分泌が活発化つまりホルモンバランスが乱れ、性欲が強くなったり嫉妬深くなったりします)

そうなると、睡眠が浅くなったり、呼吸が浅くなったり、緊張によって手足が冷たくなったり、高血圧になったり、耳鳴りしたり、食後に胃がいたくなったり、便秘になったりします。では、副交感神経が過度に優位な方がいいかというと、当然そんなことはありません。副交感神経が優位でも、循環不良という別の理由から手足が冷たくなり、低血圧になり、偏頭痛に悩んだり、食後ではなく食前に胃が痛くなったり、下痢したりアレルギー症状に悩まされやすくなったりします。

ものすごく雑にいうなら、交感神経が過度に優位だとイライラ、副交感神経が過度に優位だと無気力です。過度でなくなれば、交感神経が優位の状態では軽やかにチャキチャキッと物事を進めていけますし、副交感神経が優位の状態ではご飯もおいしいよく眠れるしお手洗いでもスッキリとなります。

自律神経(交感神経+副交感神経)のバランスをよくしていくために、みなさんがやってなさそうなことをお伝えするなら (1)ビタミンCをとって全身の抵抗力を高める (2)身体をゆるめるために精油でオイルマッサージ の二点です。身体を緊張させる習慣は過度におもちでしょうから次月の「身体をゆるめる」時間を、前月の内に積極的にスケジュール腸に書き込んでいきましょう。

信頼関係を築くのが難しい?

Tags

いつも自分に意識が向いていて、自分を中心に置くことしかできないと、他者と信頼関係を築くことは難しくなります。ずば抜けた量の知識を持っていたり、特筆してできる技術があると、そこに頼って生きていけるので、なおさら他者と信頼関係を築かずにすむように、これまで環境を整備してきてしまったでしょう。

そういう方が、まずしていきたいのは (1) 腕組みを止めて (2)アイコンタクトする ことです。腕組みは単に、相手への拒絶を示します。攻撃されることの多い、大企業の上層部や有名人に腕組みをする人が率としては多いのは、腕が長すぎるから/偉いだから/大きな存在だからなどでは、決してありません。他者と信頼関係を築くのが苦手な人は、大企業上層部でも有名人でなくても、腕組みします。「話しかけづらいな」と思わせることができるからです。

いきなり、一番嫌いな人の前で、腕組みを外して、アイコンタクトはハードルが高いでしょうから、まずは好きな人であるパートナーや家族、かわいらしさを見出せるような子供や犬猫から、アイコンタクトをとっていきましょう。アイコンタクトをとると、わたしたちは心地いいなうれしいなという気持ちをもちやすく、幸せホルモンであるオキシトシンが分泌されやすくなります。オキシトシンが分泌されると、信頼関係を築きやすい状態に入ります。

ぜひ、腕組み外してアイコンタクトから、始めてみてくださいね!それだけで、社内の雰囲気が和らいで明るくなったり、会議の質があがったりと、一気に社内の生産効率がアップしたといううれしいご報告もいただいています。

気休めじゃないのに。

Tags

パートナーが大変な状況にあって「きっと大丈夫」と言ったら、「気休め言わないで!」と返されて、深く考えてから「きっと大丈夫」と伝えた方が、真空パックされたように悩んでしまうことがあります。

すごく大変だったとしても「気休め言わないで!」と言った方は、自分が甘えているという自覚が必要です。「きっと大丈夫」というしかなくなるくらい、あなたのパートナーは迷惑をかけられているのだから、むしろ「そんなこと言わせて、ごめんね」が、筋です。その後で「余裕がなくて、、、」と続けられていけたら、いいいですね。

パートナーが大変な時に、そこに寄り添えるのは、あなたでなく同じ状況にいる別の人なのかもしれません。何層にも守秘しなければならない状況の中にいる人の考えや気持ちを、外野が理解するのは難しいことはあっていいのです。その事実を知ったなら、ただ「あなたが一人じゃなくてよかった」と伝えていきませんか?

心のありようはそれぞれでいい。

Tags

「心のありようはそれぞれでいい」と言われて、ホッとしたりゆるむ感覚があるならば、みなさん自身の中に自分自身に対する「こう思わないといけない」「こんな気持ちになるのはダメ」といった決めつけ事がある証です。

「ちがうよ、人にこう言われたから」「あの言葉が突き刺さってしまったからだと、どうしても思ってしまう」と、自分に属さないと主張したくなるかもしれませんが、そうすることは、収拾できたはずの事態から、収束という動きを奪うことになります。自分に属しているものを自分に属していないと嘘をつけば、衛星のように延々と、その自分に属していたものは漂うことになります。宇宙ゴミみたいな感じでしょうか?

まず、自分が「今はこう思っているんだね」「こんな気持ちになることもあるんだね」と、自分を排除しない自分への態度を身に着けていく必要があります。気持ちを排除したり抑圧して「こういう自分なら、まぁいいだろう」という自分で振る舞おうとすると、欲望は減りません。対峙しないで隠してしまってOKという発想自体が、欲望と仲良しです。

欲望を減らすという正しい方向へ進みたいなら、自分の気持ちに気づき、それが確かに存在してしまっていると認め続けることが、助けになります。そうしていくと「心のありようはそれぞれでいい」などと言われて、ホッとしたり、自由になったような感覚がでたり「優しい人だなぁ」と相手のことを思うような、とんちんかんな反応は、あなたの中から出てこなくなります。

大掃除しても、運が向かない?

Tags

,

運が向いてくるようにと大掃除して運が向いてくるのは、あくまでもその大掃除によって、みなさんが見たくなかったもの見ることになったときくらいです。

普段から大掃除していれば、難除けになるでしょうが、それを「これで難をよけられた」と実感することは、ないでしょう。わたしたちの多くは、起きて可視化されたことを見て初めて思考に入るという、ちっとも感じていない生活を送っているからです。

普段から大掃除している場合は、作業ではなく、ひとつひとつ触って思考するようにすると、見たくなかったものと直面する、つまり運が向いてくる方へ、ハンドルを切ることができます。普段から大掃除していれば、急にハッとして「なんでこれずっと取っておいたの?」と断捨離が始まることもあります。が、結果的に長いこともっていた気持ち思い込みや古い記憶などがどさっと断捨離されたなら「手を尽くしてもう駄目だと思っていたら、急に売り上げが上がりはじめた」という風に、運が大きく向いてくるでしょう。

そうでない場合には、気持ちよさを味わって、そのことで多少表面的な感情や思考パターンを手放せるくらいですので、大きく運が上がるようなことはありません。でも、とにかく気になるなら、掃除してみてくださいね。大掃除の目的は、そもそも運を上げることではありませんし、本格的に冷え込む前なら、丁寧に大掃除しきりやすいからです。