快適さを見失った先

Tags

,

わたしたちは、社会という必ずしも自然100%ではないシステムに適応していく際、快を踏みにじることに良い評価が下るという経験をします。代表例は、トイレトレーニングでしょうか?今出したいとなったとき、出せたら内臓にも負担がなく、気持ちがいいわけです。オムツをはいている時期は、出したいけど出しちゃいけないという葛藤とは無縁です。

ところが、トイレトレーニングを始めると、出したいときに出す(快)は踏みにじられて、出さないように自分に負担を強いる(不快)ができると、褒められるわけです。トイレトレーニング中の子は、もじもじし始めて「お手洗いに行きたいの?」と聞かれたり、「もぞもぞするー」というと「お手洗いに行きたいって伝えられてえらかったね」と褒められたりします。さらには「だから、さっきトイレに行っておきなさいと言ったでしょ!」「さっきも飲んだばかりなんだから、また途中でトイレ行きたくなったら困るでしょ!」と叱られたりして、快適であることに素直であることが、難しくなります。

トイレトレーニングに限らず、こうしたことがその人が深く混乱して真空パック状態になるほどの頻度やタイミングで起こっていけば、あるいは安全ではない環境におかれてこうしたことがそれなりの頻度やタイミングで起これば、わたしたちは自分の快適を追い求めたり、不快から距離をとること自体に、迷いが生じたり、何かに引っ掛かるような感覚を味わっていくことになります。

そうして、化学物質たっぷりの食品を美味しい(快)と感じるバグを生んだり、2016時間続く柔軟剤の香りをいい香り(快)と感じるバグを生んでいき、それらをいいものと認識して周りに広めるような、いのちを害する行為が始まっていくのです。そうして、地球上に病を蔓延させることに手をかしながら「自分でお金を払って買ったものを使って、何が悪い」と、思うような帰属エラーが何万と起きた状態で、いつも不安や恐怖にさいなまれ、常にハイになりいつも「うまくいっている」と解釈する現実から離れた状態が常態化し、現実との接触を喪失していきます。(つまり精神病になります)

本来のわたしたちは、お金にも気持ちよく集まってもらえるし、お金も気持ちよく使っていけるし、お金に対しても「どうせ」なんて思えないように生まれているのです。つまり、あなたも、社会システムにも適応しながら(=たまにご愛敬で不快に滞在していてもその自覚はあるし、滞在時間を決められる)、自分の快適に忠実にいられるのです。

帰属エラー

Tags

帰属エラーが起きていると「なんかこれ違うなー。でも努力を続けてきたことを無駄にしたくはないし。親もあんなに喜んでいるし」と自分の感覚(不快)を踏みにじります。あるいは「朝早く出勤して、トイレ掃除まですれば、もっと仕事を回してもらえるはずだ。トイレ掃除するっていうところまで気が回らなかったわたしが、きっといけなかっただけだ」と、仕事が回ってこない原因はよくわからないままに、そこと関連の浅そうな解決策にすがりつきながら、自分の責任だと自分に帰属させてしまいます。

他にも、自分より知識や経験のある人に、自ら相談に行ったのに、提案されたことを自分流にアレンジしてしまい、効果が得られないと嘆いたりします。実は、自分流にアレンジするときには「自分でなんとかしないと!」と「自分の責任です」と、自分に帰属させる動きをしています。それは「自分より知識や経験のあるその人から、見捨てられないために」という、傷つくことを恐れる気持ちの働きだったりしますが、ぶっちゃけ自分より知識や経験のある人が提案してくれたことをそのまましていたら、効果は出ていたのです。居酒屋などでするような気楽な会話の形でいうなら、素直じゃないから効果が出なかっただけなんです。

まだ起きていないけれど(→つまりこれも帰属エラー)不快なこと(例:見捨てられる)を避けようとして、不快なこと(相談した方法でやったのにアレンジまで加えたのに成果がでなかった)を経験して、さらに相談に乗ってくれた相手にも素直じゃないと敬遠されたりとさらに不快なことを経験して…と、帰属エラーを起こしていると、不快のオンパレードになってしまいます。

そうすると、ご本人としては、がんばってるのにこんなにやってるのにかなわない!やっても無駄だと、深い混乱と絶望の中で耐えるようになって、必死で働いているのにお金はたまらないし、給料は上がってもなぜかほとんどを使ってしまう(お金を使うその瞬間は必要だと思えてしまう)という状態が、表れて来たりします。そこまで顕著でなくとも、お金になんとなく不安を感じたりするので、一億当たったら!と自分事として考えていったりすると、あんまり楽しくなかったり困惑する自分と対面することになります。

無気力は学習で獲得するもの。

Tags

わたしたちは、「仕組みのせいだったのか」とやる気になって、でもすぐリバウンドしてやる気が失せて「やっぱり自分は意志が弱いんだなぁ」と思ったりして、自信を失って、無気力になってしまうことが、あります。

まず、原則として、無気力はその人の性質ではありません。あくまでも、学習の成果として獲得されるものです。例えば、吹奏楽部で三年間頑張っていて、やっと全国大会出場だ!となったときに、父親の転勤が決まって、越した先の学校には吹奏楽部はなくて、、、そんな経験から「どうせ」と、無気力を学習することがあります。ご本人の感覚としては、動けなくなるのです。

こうした学習された無気力の状態では、ノルアドレナリンとセロトニンが不足していることがわかっています。より正確に言うと、セロトニンについてはセロトニンのレセプター(いわば受け皿)が多すぎると、セロトニンの効果が薄まるので、レセプターを減らすという、わたしたちがそもそも生まれ持った働きが、きちんと働いていくようにすると、学習によって獲得された無気力から抜けたりします。(これをお薬の力で行おうとするのが、うつ病などで処方されるSSRIです)

セロトニンのレセプターが適当な数まで自然と減っていくには、とにかく休むことなんです。でもそれは、ベッドに横になりながら「なんでわたしばっかり!」や「自分に甘えがあったからだ」と自分を責めることとは違います。それだと、自分の中のおしゃべりは活発で、休んでいるとは言えず、セロトニンのレセプターは適当な数まで減ることができないのです。ちょっと睡眠時間を増やしたら、やる気が戻ってきた経験があったりするなら、自然とセロトニンのレセプターを適当な数まで減らす方法を、そうとは知らずに実践できていたと言えるかもしれません。

また、甲状腺機能に原因があるケースも非常に良く知られています。ごく簡単にいうと、甲状腺機能が低下していると、1)寒がり 2)むくみやすい 3)太りやすい 4)運動するとすぐ筋肉がつく という状態があらわれます。この場合、とにかく頑張って運動しつづけると、無気力と疎遠の人生が生まれたりします。

無気力は、胃潰瘍と癌のその進行の早さとして表現されることも、わかっています。無気力はそのほとんどが帰属エラー(自分に属することでないのに、自分に属させてしまう)によるものですから、そこを解消していくと、お金があなたの手元に集まるという形で、その解消されぶりが表現されたりもします。

【募集スタート】オンラインWS「息を吹き返す2」

お金って、わたしたちによって、もはや虐待されている存在と言っても過言ではないと思います。その人が引き受けるべき、その人に属する課題なのに、お金のせいにされて、押し付けられて悪者にされたかと思えば急にすがられたりと、とことん利用され、尊重ゼロなんです。

その人が自分の強欲さを見ないだけなのに「やっぱり人はお金を持つとダメになるねぇ」なんて、お金のせいにされたり、自分の創造性を使わない言い訳に「お金がないからできません」と、お金のせいにされ、ある時は神のように崇められ、ある時は悪魔呼ばわりと、お金がわたしたちを受け止めてくれる幅は広くて、どこまでも受け止めてくれて、お金ってなんて大らかな存在なんだろうと、思ってしまいます。

「でも…それで、お金の側が幸せなんだろうか」と、ちょっと擬人化して考えてみたら、このワークショップが生まれました。お金さんの要望にもみなさんの要望にも両方にこたえる、互いが尊重しあった時にみえる、うつくしい世界をひらいていくワークショップです。努力しても変わらなかったから、あきらめるしかないと思いつつ、実はあきらめられずにいられたことを、気合いや根性なしで、スルンと変えちゃいますが、変わったと気づけないほど、その調和は保たれます。

普段のコーチング・セッションから、どうしても零れ落ちるところをとにかく手頃に最大限の効果と共にお受け取り頂けるよう、創造しました。お金と共に喜びたいクライアントさんも、ぜひお申込み下さい。そう望まれるなら、どんな方にも、お金と共に喜んでうつくしい世界がひらけゆく、その静けさや穏やかさを、空間としてお見せします。

~オンライン・ワークショップ「息を吹き返す2」~

〇 場 所: スカイプ上(有線LAN接続 推奨)
〇 日 時:

  1. 4月28日(日)20:00~21:30
  2. 5月1日(水) 11:00~12:30 [残席: 1]
  3. 5月2日(木) 20:00~21:30 [残席: 1]
  4. 5月6日(月) 13:00~14:30
  5. 新日程(~5月25日、G.W.中OK)をリクエスト

〇 対 象: ~ 以下が、ひとつでも当てはまる方 ~

  •  「何もないから用意しなきゃ」といつも思う
  •  前日の嫌なことをひきずりがちだ
  •  「無駄づかいするな」と言われて育った
  • つい先送りする自分を、無気力や怠け者だと思う
  • 空腹だと集中力が低下したり、イラッとする
  • 解約手続きがややこしいと、イラッとする
  • 真面目だと言われるが、悪いことじゃないと思う
  • 夜11時以降に寝ている
  • 何が嫌かわからないが、とにかく嫌な時がある
  • いじめられた経験/攻撃された経験がある
  • 理由なく、動けない時がある。
  • 途中で目覚めたり、朝起きて頭が痛いことがある
  • 月1回以上、嫌な夢を見たり、寝汗をかく
  • 決められない自分・流される自分は嫌だなと思う
  • 「不要な物を買った」と気付くと、なんだか凹む
  • 怒ると、言葉にならなかったり、出づらくなる
  • 他人に振り回されるのは、自分が甘いからだと思う
  • 親や兄弟姉妹から、嫌味を言われたことがある
  • 未来にいつも明るさがあるようにしたい
  • 息を吹き返したい

〇 参加費: 12,000円
〇 〆 切: 4月27日(土)午後21:00
◎ お申込み:https://ws.formzu.net/dist/S86985973/

~ ご協力お願い申し上げます ~

治療が必要な方・ 喫煙常習者・飲酒常習者は、ご利用頂けません。ギフト利用の際は、守秘義務に同意したものとみなします。お子様やペットのいる方は、家族に協力をお願いしましょう。複数で進めます。静かな環境づくりにご配慮下さい。お申込み後のキャンセルは、一切承りません。参加費が発生します。

~~~

絶望の中で耐えていると、お金は思うようにあなたの手元に集まらないものです。資産が潤沢だろうと、お金ときくと少しでも不安が出るなら、「根本の痛みや苦しみから、解放されちゃおう!」とスキップする気分でこのワークショップにお申込み下されば、うれしいです!

Tunnel Vision

In both Nabari and Tokyo, I feel that people started to have limited eyesight. For example, I saw that children could not stay on the sidewalk at a red light. They run into and wait on the busy street . And many adults start to cross the crosswalk without any hesitation at a red light. The number of people who behave creepy and weird is increasing at a rapid pace.

It seems that they only see where they want to go as if they were wearing swimming goggles which limit their eyesight. I see children age three or younger have a wider view or broader eyesight more than people aged four or older. This made me sad and I was at a loss for words.

And do you recognize that there is some relationship between climate change and such people’s behavior? In short, Earth is getting worse so we humans are also getting worse. When Earth became unhealthy, we humans also became unhealthy. It is impossible to feel happiness when Earth gets sick, because we are a part of Earth. So tunnel vision embodies the morbid state of humans.

Many people still think that considering Earth is only for activists. Many people treat it as a difference of values. But I don’t think so. Because it is all about our life. Earth influences our life directly. I think that eco-activism is required for all global citizens.

変わろうとしても変われない(三)

Tags

他人の感覚を生きようとしてしまう背景の一つには、幼少期、親から抱きしめてほしい時に抱きしめてもらえなかったことが、あげられます。赤ちゃんの時に親から抱きしめてもらうその安心感が、人との間の適切なバウンダリーをつくっていきますが、それが得られないと安心感を求めて、親の感覚になろうとします。

親という他人の感覚になろうとして、親目線で自分を見ては、安心感を生んでいこうとするのですが、これは実は誉め言葉は受け取れないけどひどい言葉は受け取れる人にも当てはまります。

すなわち、どうも誉め言葉は受け取りづらいという人は、自覚なしに他人の感覚を生きている時間が長いのです。そして、他人の感覚にスィッチする瞬間には、必ず不安を感じています。これを繰り返していると、やっぱり変わろうとしても変われないループに入っていきます。

【開催報告】3/31, 4/19 オンラインWS「息を吹き返す」

※ 4/19開催分の感想を、付加しました。

新元号ひとつとっても、その扇動ぶりはひどく、今までの「ふつう」に生きるだと、下りエスカレーターに乗りつづけているようなものです。

「ふつう」に生きれば、無自覚に堕落する時代に、自由を謳歌しながら、高みに上昇しつつ、変ではなく美しいとみなされる生き様は、確かに存在しています。今回含め、この後お知らせしていくワークショップは、それを体現していただけるよう、創っています。

それでは、春爛漫の穏やかさではなく、乱痴気騒ぎによる荒みが日本に広がっていた日に開催したワークショップの感想を、ここにシェアします。

「(今の身体は)
身体が全体的にゆるんだ感じ
呼吸がゆっくり深くなった
力強い

(今の心は)
おだやかで優しい
ゆとり
楽しい

(これからの人生にとって大事なことは)
自分の感覚を取り戻し、自由になる

参加できて本当に良かったです。
自分が思っていた以上に気づいていなかった怒りがありました、
頭での理解と腑におちた感覚、
今後どうしていったらいいのか
すべてを味わう時間でした。

後は毎日コツコツ実践します♪
1か月後が自分でもとても楽しみに感じます。
終わってみて、あ~これが「息を吹き返す」ってことかぁとしみじみしました。
ありがとうございました。」

(主婦、50歳、女性)

「今の身体のありようは?
自分自身の身体だと実感できている。自分という身体の中に、自分がおさまっている。余計な力は入っていない。地に足がついている。

(今の心は)
穏やかな気分。自分で自分を受け容れられている。

(これからの人生にとって大事なことは)
他人の感覚ではなく、自分の感覚を生きていくということ。

「怒り」というテーマをとおして、自分の感覚を生きていくということを、実感して、身体の感覚として理解したことができました。

出していただいた例が、自分に当てはまるものがほとんどだったので、日々の中で取り入れやすい形で理解できたのもありがたかったです。

進め方という点では、普段の1対1のコーチングとは違い、他の方もいることで、信頼関係や自分の感覚などを、よりクリアに実感しながら参加することができました。

頭での理解だけではなく、セミナー中から身体で実感できるような形で内容が進んでいくので、継続して教わったことを実践していきやすい状態でセミナーが終わるのも良いなと思いました。

今日から実践しながら、どのように変わっていくのかが楽しみです。」

(コンサルタント、41歳、男性)

「(今の身体は)
身体は緩んだ感じ。
五感が開いているような。

(今の心は)
リラックス。
変な緊張・膠着状態があったのですが、少しずつ和らいでいきました。

(これからの人生にとって大事なことは)
ありのままの自分の感覚にいること。

WSの30分前くらいから落ち着かず、心臓がどきどきしていました。お気に入りのお茶を飲んで落ち着いた頃に始まり、スムーズにいったと思ったのですが、そうじゃないところを見透かされていて、いつも面白いなと思います。よけいな部分が削ぎ落とされていくのが、みきちゃんのWSの特徴だと思えるくらい、ごちゃついていた気持ちにぽっかりと空間ができました。
一緒に受けた方からも、ほっとする感じを受けとりました。

(ピラティスインストラクター、45歳、女性)」

「(今の身体は)
海の水面が凪いでいるように、とても静か。
始まる前にあった頚椎の違和感がなくなった。
(今の心は)
とても穏やかな状態で、土台が広がった感じがする。

(これからの人生にとって大事なことは)
自分の気持ちをていねいに言葉に表し、ごまかさないこと。

心から信頼できる空間でワークができて本当に気持ちよかった。自分の気持ちをより知っていくために、今後もていねいに言葉にしていこうと思った。

(営業、42歳、女性)」

【開催概要】オンラインWS「息を吹き返す」

甘えてくる大人

日本という国は、甘えることをプラスに評価する場面が多い場所ですよね。甘えてくる大人が、無自覚によいものだと思ってなぞっている考えは「自分だけは成長していない」です。「自分はみんなと違う」という考えをなぞって、生きているんです。

成長していないままだから、甘えようという発想に、無自覚につながっていきます。それは、うまいことやっちゃおうという感じではなくて、むしろ「成長が足りていないことを恐れている」感覚を、本人の中に生んでいます。

本人の無自覚なセルフイメージは「自分はみんなと違って、成長していなくて、頼りがいもなく、しっかりなどしているわけもなく、自分と一緒にいると周りが落ち着いたり安心することなんてないのが、自分なんだ」になっています。

そうすると、やはり変われないというループに入ります。表面的には色々できるので、色々学んだり新しいことに手を出したり、技術を身につけたり、能力を伸ばすことはできるのですが、根本的に「成長していない」幼稚なままで、同じパターンをいろいろなところで繰り返す感じになります。

それでね、不安になって誰かに正しいと言ってほしい、つまり、あやしてほしいあなたは、甘えたい大人なんですよ。

Beyond Design and Belief

Many people care about colors and shapes in their room. Especially when we get lots of money, we have a tendency to be critical of such designs in our rooms or our stuff. And many people value their beliefs. Especially when they become famous, they have a tendency to enshrine it.

But I think that there is truth beyond design and belief. And when we live in truth, everything goes smoothly rather than being attached to design and belief. When we take back subtlety in our body, we can collect information through five senses and the senses of internal organs like gut feelings. If we do it, we can easily realize that design is just a part of space, and belief is just a part of our whole body system.

It is the shortest way to realize world peace and a healthier Earth which many people hope for. Unfortunately, both design and belief have their limits regarding their influence. We can transcend such limits through our potential subtlety. I think that it is true hope for all of us.

変わろうとしても変われない(二)

Tags

緊張しいの人は、他人の感覚を拾っては、それを生きてしまう傾向にあります。望まなくても、受信しちゃう感じです。つまり、他人の感覚を生きている時間が長い人は、無自覚な緊張しいである可能性が非常に高いということです。

まず、誰かに注目してその人の気持ちを考えたりはしないということは、意識的に始めていけるんじゃないかと思います。誰かに注目するときは、時間を区切って「10分だけ考えよう」のように、アラームをセットしたりします。例えば「なんであなたはいつもそうなの!」「どうしてこの人はこうするの?」なんて考えると、もう他人の感覚を生きているからです。他人の感覚を生きるということを、別の表現であらわすなら、上下関係の「下」になるということです。他人の感覚を生きている人は思いやりのつもりだったりしますが、その先に対等な関係は展開しません。

また、神経を鎮静する効果のあるハーブティなども、助けになると思います。そして、いかに自分が不快な時間を長く過ごしていたかに気づいていき、心地よい時間を増やしていくことです。

変わろうとしても変われない(一)

Tags

「変わろうとしても変われない」ともがく人の中には、他人の感覚を基準にしている人がいます。ネット上などで顕著なように、他人の評価はちょっとしたことで真逆にギュインと振れます。

「可愛くて何でもできて、天使みたいね!」(ちなみに、天使をこういう文脈で引っ張り出してくることは、欧米ではあまりみません。宗教画の天使はこわい顔してますし、天使って宗教の文脈に属しますからね)から「やっぱり裏があったのか、とんでもなく腹黒い」と、極から極へ激しく触れるのです。

他人の感覚、すなわち他人の評価を気にして「わたし悪く思われてるのかな?」なんて思ったりすると「(可愛くて何でもできる天使+裏のあるとんでもない腹黒)÷2=自分」となってしまいます。そうすると、他人の評価がそこまで良くも悪くもなくなって、「そこそこいい人」「時々ずるい人」くらいの振れ幅だったとしても、「(そこそこいい人+時々ずるい人)÷2=自分」で、結局自分の位置(みたいなもの)は変わらなくなってしまうのです。

他人の評価を軸にしていると、必ずこんな風に引き戻されるようになります。つまり、変わろうとしても変われなくなります。人のすばらしさを称えた後で、陰口が始まる瞬間を、みなさんも目撃したことがあるでしょう。そこまでいかなくても、すごいなぁと思う人が、凡ミスをすると「あの人も人間なんだなぁと思って、安心する」経験をしたこともあるでしょう。これが、あなたが他人を見る時に、ご自分でもやっている「引き戻す」動きです。
変わりたいなら、まずは、自分の感覚を生きていくことですね。

知らなかった自分に出会いたい。

Tags

他人の感覚になることが当たり前の人生を送っていると、何か自分がすごい!と思ったり、感動するものを目にしたときに「”これ”がすごいんだ」と、その自分の外にある “これ”に注目します。そして “これ”を追いかけます。

感動したりすばらしいと思ったのだから、”これ”を追いかけていいんじゃないかと、不思議に思うかもしれません。では、その “これ”がすごく嫌なことだったらどうでしょうか?やはり”これ”を追いかけていませんか?自分に嫌なことをする “これ”をずっと目で追っていたり、 “これ”をやりこめるにはと考えることに時間を使っていませんか?

もちろん、外的な対処も必要で、野放しを推奨しているわけではありません。感動したり素晴らしいと思えるものが、自分の外にいてくれることに、助けられるのも、決して悪ではありません。

ただ、その前に自分が「なぜ、”これ”がここまですごいと感じたのか」「なぜ、”これ”がここまで嫌なのか」と、自分の感覚を掘り下げ、しっかり自分の感覚と自分をつなぐ方が、ずっと大事です。 “これ”がここまですごいと感じたのは、それだけ自分が実は病んでいたからということがあります。 “これ”がここまで嫌なのは、それだけ自分がずっと怒りを抱えていたからということもあります。

自分の感覚をぐっと掘り下げて、知らなかった自分ときちんと出会っていくと、癒しが起こります。その時、わたしたちは意図せずに前に進みます。「病んでいる自分」「闇の自分」と忌み嫌いながら、「知らなかった自分と出会いたいから」と恋愛を求めたり、新しいことを始めようとするのは、壮絶な自己否定です。「病んでいる自分」や「闇の自分」こそが、あなたの知らなかった自分だからです。単発コーチング、今夜21時で締め切ります。

仕事を取られた!

Tags

,

「あの人に仕事をとられた!あーもう、会社行きたくない」「あの人に技を盗まれた。もう教えたくない!」と思ってしまう、こんな風に自暴自棄になったことはありませんか?

あるいは、後から怒りがわくようなことはありませんか?自分では「あのときはただ驚いていたから」とよくあることのように済ませようとしていますが、客観的にみると、単にその時にすぐ怒ることができないのです。

このような状態が共依存です。自分と他者を分離できていないし、自分と他者の違いがわかっていません。そうすると、上に書いたような状態を経験することになります。そうすると、なかなか人生が前には進みづらくなります。

成長にあわせて。

Tags

洋服は成長にあわせて買うものの1つです。より正確にいうと、状態に合わせて、でしょうか?

あなたのすべての持ち物は、あなたの成長つまり状態に合わせたものになっていますか?

何となくパソコンは安くなるまで待とうとか、ひと休みするのは10代から変わらずファーストフード店と、固定されているなら、あなたは自分の状態を自覚できないほどに成長していないか、成長を認めたくない心理的なブロックがあるか、そもそも自分の状態でなく周りに合わせてきたという意味で成長していないのか、いずれかに当てはまってしまうでしょう。

好きなものや得意なものは、状態に合わせたアップデートがしやすいので、自分が嫌いなものや苦手なものは、それらが得意な人にアップデートの仕方を聞いてみると、自分へのひと押しにはなりますが、それだと周りに合わせる自分のまま、成長はしていないことになります。

人は色々経験する中で、成長しているはずだと思いたがりますが、実際には劣化しただけということが、ほとんどです。部分は突出しても、全体は落ちているのです。真に成長していく人は、まずそういう思い込みから自由です。真に成長したい方、まずは単発コーチングを試してみませんか?