緩めたくて風邪をひく

Tags

, ,

風邪の初期、寒気を感じたり、身体がいつもより凝りませんか?

ここではわかりやすさを全面に押し出した書き方をしますが、上記が表してくれているように、風邪をひきたくなければ、普段から身体を緩めればいいのです。

風邪っぽくなって「気持ちの持ちようだ」「もともと体力がないんだ」のように思って、具体的な解決策が得られてきたか、これまでを振り返りながら、もう一度前段落の最後の文章を読んでみてください。

もちろん、なぜ身体がかたまったかを無視し、無理矢理緩める方法をとれば、さらに深刻な状態を招きます。そういう意味で「緩めましょう」と言っているのではありません。

普段から緩めていれば、どこか少し硬くなっても、すぐ自覚できます。「きっと昨日の夜遅くまで電話したからだろう」のような、ほんとの理由でないものによりかかり、流して解決した気になる状態を、展開できなくなります。

皆さんがよくやる内臓機能の低下を「気のせい」とするなんとなくの解決した風がありますよね?普段から身体を緩めていれば、装えなくなるのです。原因を1つにバシッと特定しやすくなるのです。そうなると、当然回復も早くなるし、風邪をひいたと周りが疑う状態にすら、入りづらくなります。

健康管理は、どんな職業でもプロフェッショナルであるなら必ずきちんと行うべきものです。「がんばりすぎて風邪をひいた」は「プロではない」と公言しているのと同様です。

真夏も、湯船にしっかりつかって身体を緩めるのはもちろん、ストレッチを習慣として、身体がゆるんだ気持ちの良さを知り、いつも気持ち良さを追求できる健やかさを、取り戻しましょう。さらに、どんなメディアや情報が身体を緩めてくれたり、どんな人がいたりどんな場所だと、身体が自然と緩むのか、自分の体を観察しましょう

そうすると「風邪をひく」と言われて「はあー!?そんなの細菌やウィルス感染でしょう?」という、知ったかぶりが影を潜めるでしょう。

ストレッチの30秒が辛い?

Tags

ストレッチで1つの動作を続ける30秒や1分が辛い時、「私にはストレッチを向かない」「やっぱり人間は動いてないとね」のように片付けてしまっていませんか?これは、考えていない状態です。

単純に、そのストレッチの30秒や1分の状態にあなたは辛さを感じているんです。その辛さは、おそらくストレッチがもたらしているわけでは無いのです。

例えば、部屋が寒いのだけど「冬はこんなものでしょう」と片付けて、ちゃんと自分があたたかくいられる服装をしていなかったり、暖房器具を必要なところまで使っていません。

例えば、ヒー◯テックのような自分の感覚をだます物を使い、肌はたしかに気持ち悪いのですが「感覚なんて曖昧なものだ」のように、自己否定が染みついていて、せっかく感じている感覚を認識することができません。だから、ずっと不快なままなのが、体を静かに保つことで初めて浮かび上がってくるのです。しかし、それでもまだそれに正しく対処できず「ストレッチが苦手」のようにあやまった認識を持ち、不快を握りつぶしてしまうのです。

身体からのメッセージの因数分解の一例を表しました。正しく因数分解できないと、適切な対応が生まれることはありえないのです。

【募集スタート】冬至の単発コーチング(1か月サポート)

みなさんの周りでも、五感が狂った人間が増えていませんか?例えば、嗅覚が狂えば、柔軟剤のバラの匂いを、天然の摘みたてのハラの香りよりいい香りだと、感じてしまいます。柔軟剤を薄めて、香水のように自分にふりかける若い方が、増えています。

心身に不快を感じても「不快だ」とすぐ認識できないと、狂った判断を修正できず、表面的な対処に留まり続ける自分を、不思議に思えなくなります。

その一例に、みなさんおなじみであろう「何か甘い物を食べたい」「何となくスマホを触る」があります。甘い物を節制したり、スマホの時間制限をしても、今度は別の物に手が伸びて、また節制の必要が生じたり、決めたルール自体が機能しなくなって自信を失う繰り返しを、経験してきませんでしたか?

「何か甘い物を食べたい」と「何となくスマホを触る」のどちらも、心身が不快で何とかしたいから出た「解決策と思われるもの」です。ここで必要なのは「解決策と思われるもの」を追うことでなく、心身の不快にフォーカスし【自分の欲求を認識】することです。「どんな風に不快か」の方を見ます。

例えば「A冷える×B空気が乾燥している×Cお昼に消化の悪い物を食べた×Dスマホで急ぎのメールを返し目が疲れた×E何でもケチつける人に贈り物しないといけない=あーもう!甘い物でも食べたい=不快」のように因数分解します。

その上で「A薬局でめぐリズムを買い、週末に漢方医に冷え性の相談」「B加湿器をつけ、ドライアイ用の目薬をさす」「C消化に役立つ温かいお茶を飲み、夜の飲み会は断る」「D目の疲れに効くツボを押し、首や肩をほぐす」「E贈り物上手な友人に相談」のように、本当の解決策をだします。【自分の欲求を認識】したから、本当の解決策が出ます。後は、できるところから順に実行するだけです!

こうした因数分解が苦手で、ぐるぐるしては迷子になる方が多いようなので、2019年最後の単発コーチングでは、自分の欲求を認識し本当の解決策を出す時間をみなさんとご一緒します。もちろん、コーチングを試したい方も、今回をご活用下さい。

~冬至の単発コーチング(1ヶ月サポート)~

■ 日 時:
– 12月19日(木)20:30~21:30
– 12月21日(土)18:00~19:00
– 12月23日(月)13:00~14:00

■ 手 段:スカイプ or 電話
■ 参加費:33,000円(税込)
■ 定 員:3名
■ 〆 切:12月17日(火)21:00

▼ お申し込み:https://is.gd/fy18ke

~ キャンセレーションポリシー ~
お申込みと共にキャンセレーションポリシー適用となり、お受けにならずともセッション費はそのままお支払い頂きます。幼児の急な発熱・弔事・天災によるライフライン断絶時などには、日程を調整し対応します。過去にクライアントさんだった方に限りお子様と一緒のコーチング・お子様へのフィードバックも承ります。ご自身がコーチングを申込んでいいかわからない状態にある場合、そう感じる状態を詳細に表しご連絡下さい。一緒に判断しましょう。

自分に甘すぎた?

Tags

,

夏は塩麹は作らず、冬は醤油麹と塩麹の両方をつくります。ストレスフリーは「自分に甘い」とは違いますからね!

「自分に甘すぎたな」と思ったとき、みなさんは何をするでしょうか?何となく「甘い」の逆にあたりそうな「厳しい」を持ち出して「これからは自分に厳しくしよう!」と漠然と思っては、次にすることが決まった気になっていませんか?そして、自分への厳しさの中身は、自分を責めることや罰を与えることになっていませんか?

自分に甘すぎたなと思ったら、まずはその状態を客観的に認識する必要があります。どこがどんな風に甘いのか、サイズの合わなかった家具と家具の入るはずだったスペースを比べるように、違いを発見していきます。そして、自分が主観において見落としがちな傾向(例:その家具がおさまるかどうかは確認しているが、その家具をつかうシーンをイメージできていなかったから、扉が開かないのだ)を知っていきましょう。

また、自分への声掛けの内容も大切です。家具の例でいうなら「ほら、また使うシーンをイメージできていなかったじゃない!」と、自分が縮こまるような言葉をかけるのではなくて「どうしたら使うシーンをイメージしやすいか、一緒に考えようね」と、自分が緩むような言葉をかけていきましょう。

さらに、自分が選択という概念をどう定義しているか、自分の辞書の定義を洗いなおしてみましょう。例えば「選択=正しい/間違っているがあって、間違っていると罰を与えられる恐怖をうむ」だと、意志ある選択をできずに流されながら不安がふくらむ暮らしになります。「選択=何を選んでも、自分の人生を豊かにするとっかかりを得られるもの」だと、選択した後もワクワクしませんか?

いうまでもなく、人生は選択の連続です。選択自体がストレスフルなものになれば、さらに「自分に甘い」結果を生んでしまいます。自分が緩んで伸び伸びしていけるようにしていく道こそ、実は「自分に厳しい」のです。

心にもないこと。

Tags

,

スナップボタンを買ったら「ニッケルフリー、ホルムアルデヒドフリーで安心してお使いいただけます」とあり、驚きました。

それで今日のお題ですが、心にもないことを話していると、他人からの信用を失います。つまり、あなたが正直でないなら、周りから信じてもらえません。今「そうだよね!」と、うなづきましたか?

でも実際には、信用を得たくて、心にもないことを話す方が多いんです。例えば「これ、おいしいよね~」と言われて「そこまでかな?」と思っても、ニッコリ笑って「おいしいですよね!」と言いながら、自分自身にもそう思い込ませようと力を振り絞ります。そんな心にもないことを言ったのは、相手から「この人いいな」「話しやすい人だなぁ」といった狙った印象を、勝ち取りたいからですよね?その先に相手からの信頼が展開すると、信じているから、わざわざそうやって、ストレスを生み出すんですよね?

今「ストレスを生み出す」というフレーズにハッとしたでしょうか?そう、これはストレスなんです。だって、心と言葉や振る舞いにギャップが生じて、そのギャップは自分から拭い去ることができません。そのギャップが苦しいから、今度自分の五感を狂わせていくのです。心にもないことを言うほど、皮膚感覚や内臓感覚までも歪み、自律神経は乱れていくのです。だから「あの人に会うの嫌だなぁ」と思ったりするのですが、心にもないことを言うことに利があった自分がした選択を、顧みる必要があるでしょう。

また、心にもないことを言うと、洞察力や直観力も下がっていきます。なせなら、前述したように感覚が歪み、自律するシステム自体が狂うように、わざわざ自分の行く先をセットしているからです。崖から落ちることがわかっている設定のカーナビ、みたいなものです。もちろん、その手前で、目の前のどうにもならないことは回避できても、少し先に先送りしただけだったという付け焼刃の対応が、みなさんにストレスを与えるでしょう。

心にもないことを言わないとやっていけないと感じる環境からは、堂々と逃げて下さい。そして、心にもないことを言うたびに、それがいかなる目的のためであろうと「あぁ、今自分で自分にストレスを与えている」と、その構造を認識すると、健康でいやすくなるでしょう。

人を傷つけてはいけない?

Tags

,

今年は、身体はサツマイモの歌を歌い出すんじゃないかと思う位、サツマイモをよくいただきました。サツマイモに限らず種子をまもることは、わたしたちを依存的になってしまわぬ方へ、導きます。

「依存的になってしまう」と自覚できている方が、まずご自身にいってあげたいのは「そんなにつらかったのに、今まで気づかずにいて、本当にごめんね」です。依存的欲求が出てくるとき、強烈な辛さ苦しみが、必ずその人の内側にあります。その苦しみや辛さを過小評価していると「そんなことない、だって、ここで頑張ったんだから、ちょっとご褒美なだけ」のような握りつぶす動きを繰り返して、事を大きくしてしまいます。

依存絡みで法に触れる方が増えていますが、いつもそうしたニュースを見る度に、壮絶な苦しみが伝わってくるなぁと、私は思っています。

あなたが「依存的になってしまう」と自覚できていて、なおかつ複数の第三者が「生活が破たんするような未来は一切みえない」と判断する程度なら、見自分の中に今から引用する5つの考え方があるか/ないかを、考えてみて下さい。

A.危険や恐怖に出会うと、心配になり何もできなくなる
B.過ちや失敗をしたら、責められるのは当然だ
C.物事が思い通りにならないとき、苛立つのは当然だ
D.誰からも好かれ、愛されなければならない
E.人を傷つけてはいけない

(『アサーション入門』平木典子著、講談社現代新書、2012年/71ページ)

あるかないか、こたえることができましたか?実は上は、主語を入れていないから、人によって読み方が変わる文章なのです。Aを「危険や恐怖に出会うと、心配になり何もできなくなるものだ。そんなの当たり前じゃないか」と捉えたなら、一般的にそうだと考えたことになるから、主語はWeだと言えます。でも「あぁ、そういえば、人事部のBさんは、危険や恐怖に出会うと、心配になり何もできなくなったって、話してたなぁ」と捉えたなら、主語には自分が来ていません。「危険や恐怖に出会うと、心配になり何もできなくなっちゃうのよ、そうなの。兄や親友は違うんだけど、わたしはそうなの」と思ったなら、主語はIだったと言えます。

改めて、三つの主語をそれぞれに当てはめ、「ある」と言えた時をメモしてみてください。ここまでいいでしょうか?

それで、どの主語であっても「ある」と言えたなら、適切に柔軟に主張していくことに、伸びしろがあるのです。依存的な状態だと、適切に柔軟に主張していくことに、うんと伸びしろがあります。先日も書きましたが、改めて依存的な状態にあるなら、アサーティブであることが、助けになるでしょう。

決断力がないから、浪費する。

Tags

近くを流れる川の水が透明度をましていて、日に日に冬の深まりを感じています。さてさて、時間やお金を浪費しているなら、決断力が鍵です。

時間を浪費してない状態とは、朝起きてすぐから「ああこうしよう」と思い悩む瞬間がなくて、無心にやるべきことをやっている状態です。

お金も時間も、浪費している人はとにかく妄想が多いのです。「いつか使うかも」と買って、いつかがいつまでたっても来ないと、それは浪費と呼べますよね?「あれを先にやるとこうなるけど、こっちをやっぱり先にして。いや、あれを忘れてた。じゃあ先に…」とか、ごちゃごちゃ考えるのが時間の浪費です。

一瞬一瞬で、決断に時間がかかっているのが、お金や時間を浪費している人がしていることです。決めた後で「でもやっぱり」と思うのは決断したとは言いませんし、決断は基本的に即座にするものです。

というわけで、旅費を減らしたいなら、決断力をアップさせましょう。

抽象化が得意という、自負

Tags

日中はまだ、秋の虫が鳴き、トンボやモンキチョウがとんでいて、気持ちよく過ごしています。

さて、抽象化が得意だと自負する方は、抽象化が否認の隠蓑として機能していることを、認識されていますか?

抽象化が得意だと思い込んでいると、人の話を聞いたり読んでも、そのまま受け取れません。「これってこういうことでしょ?」と、理解したふりをします。理解したふりを「理解した」と誤認したことを、自覚できません。

抽象化しては「こんなこと知っている」と切り捨て、賢いふりをします。そのまま受け取れない自分は認識できず「自分は賢い」というセルフイメージを、上塗りします。

ただそうなると、ある時点で孤立する他ありません。苦しみは常に極めて具体的なものですが、いつもの抽象化しているつもりが邪魔をして、取り逃がしてしまうから、対処できないのです。

現実は常に極めて具体的です。

Homemade Soy Sauce

In my area, bottle recycling collection day is very limited, because our city is poor. So I must keep empty soy sauce and vinegar bottles for a few weeks. And I don’t like it. So I decided to make soy sauce by myself, instead of having to remember bottle recycling collection day.

My experience of making other long-term preserved food pushed me to do so. Because both making miso bean paste which is a long-term preserved food, and making pickled Japanese plum were easier and quicker than I imagined. And actually home-made long-term preserved food is much more tasty than store bought ones. If I make them at one time, I could preserve them over a few years at room temperature. It alleviated my stress.

So I ordered a home-made soy sauce kit from MUJI. I had searched for these kinds of things for a few times in the last few years, but it was the first time to find it. Actually it takes one year to make soy sauce. But I’m already enjoying growing it. I am so happy to get my new “toy”.

 

〜しないようには、必要を理解してない。

Tags

,

こちらは、最低気温マイナス2度まで下がっています。皆さんがお住まいの地域はいかがですか?

さて「無駄遣いしないように」「失礼に当たらないように」のように「〜しないように」に意識を置く人は、単に自分が何を必要としているのか認識していないのです。

「何が必要なのか」にフォーカスせず「これは浪費かな?」と思い悩んでも、浪費の定義をこねくり回して、スッキリしきらずにおわるでしょう。同様に「何が必要なのか」にフォーカスせず「これは失礼かな?これくらいならセーフかな?」とさじ加減の調整に励んでも、相手との適切な距離感はつかめず、人づきあいが面倒になっていくでしょう。

「〜しないように」に意識を置いて、正解探しに勤しむ幼児性は卒業し、単に自分が何を必要としているかに意識を置いてみましょう。

Limitations

Sometimes limitations help us to do things better. For example, many film directors created their best works when they did not have enough money. In this case, financial limitations helped to create high-quality films.

I live in the countryside which has many limitations compared to cities. And these limitations have guided me to come across a lovely snow globe. Usually I love to buy things which are functional and elegant. When I saw snow globes before, they were cute but seemed big and rustic to me.

But this time, I found an owl snow globe. Owls remind me one of my nephew and I love owl songs. So even if it is non-functional and not quite elegant, I bought a snow globe for the first time in my life.

We often believe that a variety of choices brings something good more than limited choices. But I think that both can bring us something good. It simply depends on our attitude towards the choices in front of us.

自分をまもる練習

Tags

葛藤を避けようとして、相手に大事な決定をまかせてしまうとき、「~だけど」といった、語尾お化けが登場します。語尾がふわーっとしてしまうんですね。「最後まで言い切れない」「言い損ねた」と感じることが多い方も、同じです。

こうすると、無責任な状態に入るだけでなく、自分の人権を自ら放棄する道へ入ってしまうこともあるので、注意が必要です。また、こうしたコミュニケーションは「理解してもらえない(言いきれていないことも原因のひとつ)」「苦しい(言いきれていないつまり、自分の欲求を抑えている」「大事にされていない(主張すべきを主張していないのだから、自分でも自分を大事にしていない)」という思いを膨らませます。

そうすると、惨めに感じていったり、なんだか欲求不満だったりと、ストレスを抱えた状態が常になります。この状態から相手を見ると、相手が思いやりなく、鈍感な人にも見えてしまいます。(もちろん、実際に相手に思いやりがなく、鈍感なケースも多々あります)

自分の中では「わかってもらえないから、そろそろ怒りをわかりやすく表そう」と戦略的に振舞ったつもりなのに「急に変わった。キレた」と解釈されたりして、より状況が複雑になったりもします。葛藤を避けたかったのは、安全を確保したかったからなはずなのに、むしろより安全が遠のいてしまうのです。

こうした文脈によく横たわるのは「相手に合わせることで相手を尊重したつもり」という思い込みです。実際には、相手に依存しているから、既に甘えているから、語尾お化けが生まれていくのです。また、それまでに「自分はコミュニケーションが苦手だ」と認識するようなことを経験していたり、自分の欲求を表現したらより事態が悪化するような経験も、存在しているでしょう。

そんな風にあなたが生かされない状態は、社会的損失とも言えます。また、あなたがそうやって縮こまることは、職場にも利益はもたらしません。だから、あなた自身が、社会的損失をもたらす金食い虫のような存在ともなってしまいます。

自分では配慮しているつもりでも、相手にとっては「曖昧なことばかり言う、無責任な人」という印象を与えているかもしれませんし、むしろイライラしたり憐れみを向けられることもあるでしょう。つまり、語尾お化けは、損ばかりあなたに与えているのです。言い切って自分を守っていくこと、練習し始めませんか?

「休めない」裏に、欲望がいる。

Tags

何かを始めてもとん挫しがちな人は、途中で欲望に打ちのめされていることが多いでしょう。

「元気に見せたい」「明るく見せたい」「うまくいっているように見せたい」「顔色良く見せたい」「きれいだなと思われたい」「ちゃんとやってると認めてほしい」といった、必死の頑張り・カラ元気・見栄を張る動きは、つまり欲望です。

この欲望の動きがあると「何だか不安だから、進められるところまでやっておこう」「休み切れずにいるのは、方法を知らないからでは?」「このままではダメだから、盛ろう」といった発想が生まれて、さらに欲望が強化されます。

ポイントは、こうした欲望があなたも周りも、ご自身で思っている以上に苦しめているという事実です。だからずっと「欲望を減らしましょう」と、お伝えしています。

逆の立場に立てば、わかりやすいでしょうか?「久しぶりに会うから」とさりげなくよく見せようとしても、その気合は相手から伝わってきて、不自然さに会話がぎくしゃくしたりしませんか?「こう見てほしい!」が相手から伝わってきて、居心地悪くなってしまったことはありませんか?相談しようと思ってあったのに、相手が変に元気で、その不調和な感じに、言えなくなってしまったことはありませんか?

「休めない」とき、自分の中に不調和や不自然さを感じることはできますか?それが、欲望に服従している合図です。つながりが欲しいから愚痴り、愚痴るためにネガティブ探しをするというのも、同様に欲望が隠れていますが、その話はまた今度!

暮らしの下ごしらえ

Tags

,

冷え込んできましたね。オンライン・ワークショップ、今夜21時にしめきります。

さて、みなさんは、どんなことに喜びを感じて生きているでしょうか?わたしは、ツタや紅葉が赤いと喜びでいっぱいですし、毎日の塩麹かきまぜタイム(育成中)に至っては、喜びがもりもり増殖します。毎日の小さな喜びを、暮らしの下ごしらえとして、とても大切にしています。

すてきに映る物事を求めたり経験を信奉するような、外的な刺激でわざわざ痛みを感じ(でも、それは慣れてるからもう感じなくて)その驚きを喜びに変換するややこしい仕組みを内蔵していると、心身はただ脆くなります。ダメージを積極的に受けに行き、心身が弱るのは当然でしょう。

ダメージを受け続ける暮らしは、わたしたちからあらゆる基礎を音もなく奪っていきます。例えば、休むという人間のいのちの営みの基礎が壊れて、動き続ける忙しい毎日の方を美徳としてしまいます。例えば、料理する際、下ごしらえという基礎を省くようになります。それどころか、下ごしらえを応用だと思い込んだりします。もちろん、仕事における下ごしらえ・育児における下ごしらえにも、考えは及ばなくなります。

下ごしらえを省くほど、即ち基礎を軽んじるほど、体裁のいいものに丸め込まれますから、質を見抜けない自分を、事あるごとに目の当たりにします。だから、自分を信じられなくなっていきます。形のいいものに喜び、形は悪くとも質がずば抜けていいものは、スルーしてしまうから、心身が気持ちいい人間関係はつくれないのです。

質を見るほど、下ごしらえの30秒を優先しないといけないことを理解できます。仕事の下ごしらえをするほど、休めるようになります。育児の下ごしらえをするほど、毎日の小さな喜びに溢れます。

これらはすべて循環しています。そして、先が見えずどうしようもない中を、何も我慢せず否認せず、健全に探求しつづける人は、おしなべて、人生の下ごしらえをきちっとやり切り、毎日の小さな喜びをうんと大切にしているのです。そうある人は、どんなに辛くとも、心が折れないのです。