Tags

kagurazaka copyright mikiyoshino

「わがおもう 港も近く なりにけり ふくや 追手の かぜのまにまに」

論文を書くときお世話になったお寺で、手を合わせる。たくさんの人に見守られて、出発。一歩進めば新しい世界。ボーターを作っているのは、わたし。

今日はたくさんの9月の遣り残しを。