Tags

「わたし」の在り方を、そのすべてで許してくれた場所です。
たくさんの人が「あなたは書きたい人なんだから、書きなさい」と
背中を押してくれた場所です。

「わたし」が始まった場所だから、どんなに開発がすすみ変わっても
やっぱりここに来ると、空間が揺れて、体の境界線が溶けてなくなる
ような感覚が強烈にある。

神楽坂。