2012/7/21「うつくしいリーダー」の開催報告です。引用部分は、すべて参加して下さった方のコメントで、掲載許可を、頂いています。また、ワークに関連するところは、○○などに置き換えています。

・恥じている部分は、恥じたままでいい。でも、そこをきちんと見つめて、その根幹にあるメッセージを受け取らないと、勿体ない。
・「うつくしい」は、非日常の空間だけではなく、日常で必要な視点だと思った。

と、みなさん思っていったら、以下のように、自分に誠実な約束を、したくなったようです。

・今、輝いている私!ずっと、どんどん輝いていこう。
・今日 すごくいい心のストレッチができたと感じた。心のストレッチの時間を毎日少しでももとう。
・「うつくしく」あるということを、意識する。
・世界の「うつくしさ」を感じられるものに触れられる場所(を大切にしたい)。
・時々、忘れそうになったら思い出す。思い出すしくみをつくる。
・一緒に心のストレッチをしてくれる存在(が必要)。ストレッチした成果を大きな目でみて、かえしてくれる存在。
・ 私が輝いていると思っているときの気持ちを聞いてほしい。また、輝く気持ちを私にも反射させて欲しい。
・不安が生まれたとき、本当の望みを思い出す。
・本当に自分がやりたいことは何かを常に問い続けて、それを実行する。
・自分を重要とあつかい、自分にひかりをあてて、そこから世界や人と付き合う。

また、以下のように「ツールを得た」感覚の方も、もちろんいらっしゃいました。

「「○○」が頭でなく、視覚的にも感じられてすごくイメージしやすくなった」

そして、こんな思いが出てきました。

・自立はしつつも、悩んだときにサポートしあえる仲間でいたい。
・むりやり引っ張るのではなく、お互いがイイネ!と思えるような輝くもの・光を見せ合っていきたい。
・それぞれの場所で感じたいろんな刺激(痛いことも、心地よい事も)をありのまま出し合って、感じたことを飾らずに言える関係でいたい
・正直な思いを伝え合い、支えあう関係でいたい
・この体験を思い出し、深め合っていきたい
・真面目な話も、変な話も、できる関係でいたい

人とハートから話すと、以下のような感覚になる経験が、あっという間にできます。

・普段は考えていないような問いに対して、自分がどう思いどう考えているのかが、分かった
・自分の中にも、相手の方に話せる事が有った。お題を聞いた時、頭に浮かばなくても、話す番になると何か話している自分が居ました
・意識が高い仲間と出会えた
・自分のうつくしさに光を当て思いだせた
・みんなとお話ししたことも、楽しかったし、たくさん自分の美しさをみつけてもらえて、嬉しかった

そして、いい意味で、貪欲になっていきます。

・美しいの反対、をもっとよく見つめたい。
・自身の○○、など、ダークサイドをみつめたい。
・「醜いってことをみんな避けているようにかんじるよ」と言われた時、「あーっ、そうかも」って思えて、そのことをもう少し掘り下げたいと感じた。と今思いました。
・「○○とは?」に、最初は「自分の思いと違うということを知りながら、実行してしまうこと」と答えましたけど、それが○○だと感じている時点で既に良い方向に向かい始めているから○○ではないとディスカッションで思い至りました。恥ずかしいことだという自覚すら無い「無明」のほうが、○○だと・・・。
・あの時間の中では、十分話したと思ったけれど、アンケートに向かったら、普段の生活と、「うつくしさ」の繋がりについても、もっと話せれば良かったと思いました。
・うつくしい世界をもう少し深く味わいたかった。そのうつくしい世界と現実をどうつなぐかの方法もみんなで話し合いたかった。非日常の空間だけではなく日常で必要な視点だと思った。

そして、こんな風に、疼いてきます。

今、なんかうつくしいものが、作りたくて仕方がない感じです。手を動かしたい感じ、、、。」

疼いてからが、リーダーシップの始まりです。フォローアップ1か月で、みなさんがその疼きをどう扱っていくか、楽しみに関わります。

◎ 7/21「うつくしいリーダー」の開催概要は、こちらです。

◎ 7/21「うつくしいリーダー」の感想は、こちらです。