Tags

,

「心を込める」とは、どういうことでしょう?

– 「こなす」のではなく「やりとげる」。
– 「コピペ」ではなく「相手の顔を思い浮かべて」。
– すてきな笑顔の人に、「すてきな笑顔に、励まされました」たった一言でも、伝える。
– アイロンをかける時、「これを着る○○さんが、護られますよう」と、祈りを込める。

「心を込める」とは、そういうことです。
あなたが関わったことが、すべて、あなたのいのちを守ります。
あなたが関わったことが、すべて、誰かのお守りになります。

「心を込める」については、「うつくしいリーダー ~今を生きる~」でも、パーソナル・コーチングでも、光を当てています。