Tags

,

映画”Les Miserables”(レ・ミゼラブル)を、大晦日に、見てきました。この作品は、もともとは、1862年にヴィクトル・ユーゴーが書いた、長編の文学作品です。

フランス語のミュージカル映画ではなく、英語でした。

わたしにとっては「自分の視点と体感が変わった」ことに、再びありありと気づかされた映画でした。うまくいえませんが、最近の私は、歴史と一体になっていて「歴史」の見え方・重要ポイントが、以前と全く違って見えるんです。

劇中、この映画のために新しく作曲作詞された”Suddenly”という曲が流れますが、”Suddenly I see, Suddenly it starts.” “Suddenly I see What I could not see. Something suddenly Has begun.”という歌詞が、12月下旬のわたしを鏡に映してあらわしてくれているかのようで、ピッタリ来ました。

この作品は、いくつかの物語が、層をなして形成されています。一番奥にある物語は、今の日本にピッタリの物語です。ぜひ、ご覧になり、大切なメッセージを受け取ってください。