Tags

,

今年の大河ドラマの主人公は、幕末から、戊辰戦争、日露戦争、日清戦争などを経験した、会津藩の新島八重さん。

戊辰戦争に、鉄砲をもって参加し、二度の結婚を経験し、46歳で日本赤十字社の正社員になるという、いい意味で一切遠慮せず生きた(ようにみえる)女性。

激動の2013年、みなさんのロールモデルの一人になると、思います。会津藩は、幕府の盾となることを、引き受けたそうです。今の日本における福島と、どうしても重なります。

今の日本は、福島に支えられています。あなたが、おだやかにみえる、欲を正当化した日本の一部です。

「ならぬことはならぬ」が、劇中の決め台詞です。この言葉を、一人一人が、はっきり言わないといけない2013年です。