Tags

, ,

今を生きるすべての人の使命は、「つないで、超えて、残す」。そこにつきます。

「つなぐ」は、形が重視されがちですが、形は智恵をつたえやすくする「器」に過ぎません。智恵が目に見えないからこそ、目に見える形を、用意しただけです。形には、行事や礼儀作法や決まり文句が、含まれます。また、智恵は、心とも、置き換えられます。「超えて、残す」は、make a differenceとは、次元が違います。違う文脈のものを、なぞることでもありません。

わかりやすくするため、使命(ミッション)という単語を用いましたが、本当は、日本語では、この言葉は使いたくありません。西洋の文脈から来た言葉なので、日本語の文脈に置くと、仰々しくなってしまうのです。さらに、英語でmissionという時は、行動があとに続きます。こちらも、ずれて使われています。

そうした気持ち悪さに目は開きつつ、わかりやすさに一歩譲るなら、あなたの使命は、まず生きることです。そのプロセスで、智恵(心)をつなぎ、智恵(心)と形の両方を、超えて残していくのです。それを、あなたのフィールドで、やり切ればいいだけです。