Tags

,

ファシリティドッグ・ハンドラーは、文字通り、ファシリティドッグをハンドルできる人です。

「ファシリティ(施設)ドッグ」は、治療のプロセスに入れる、病院に常勤する犬のことです。日本では、2匹だけいて、静岡こども県立病院(2010.1-)と神奈川県立こども医療センター(2012.7-)で、活躍しています。アメリカではICUや手術室にも、ファシリティドッグが入れます。少々記憶があいまいですが、日本でも、手術室に入れた実績があったと思います。

一方、ハンドラーは、看護師のような、臨床経験のある医療従事者であり、ハンドラーとしての訓練を受けた人のことです。

犬に限らず、動物は「理屈抜きに、一緒にいる」ことに、とても長けています。人間はどうしても、それ以外の能力をつかってしまいがちですね。

ハンドラーさんでいるために、大切なことは、ハンドラーさん自身が、穏やかに前向きに自分のいのちを力づけて生きていることでしょう。「理屈抜きに」前を向いていれば、あらゆる状況にその波動が伝わり、状況も前進します。

動物が大好きな方、動物を飼っている方が、クライアントさんに多かったので、ご紹介しました。たくさんの方に、知って頂きたい職業です。詳細は、こちらをご覧ください。静岡こども県立病院の事例は、本になって出版されています。