Tags

みなさんの身近に、よく怒る人はいませんか?ここでは、正当に怒れず、怒りをまき散らす/キレる人のことをいっています。

そういう人に対して、どう対処しているでしょう?

みなさんがよくしていそうなのは「わたしの言い方が、悪かったかもしれないけど」のように、相手の怒りなのに、自分にも責任がある振りをすることです。グレーゾーンをつくることで、怒りを和らげられると、安易に考えていませんか?

あるいは、「きつい言い方だったら、ごめんなさい」のように、とにかく謝れるところを見つけて、謝る人もいらっしゃるでしょう。いつも「ごめんなさい」を繰り返してしまう人は、その時ご自身がパニックになっていることに、気づきましょう。

上のやり方は、相手の攻撃性を弱める効果はあるでしょう。だけど、そこまでであることが多い対処法です。

もう一歩すすんだやり方は、相手の怒りや怒っている状態は受け入れなくても、相手の存在はしっかりappreciateして、終わる方法です。簡単にいうと「ありがとう」をいって、しめくくりましょう。非常にざっくりいうと、それで「終わりよければすべてよし」になります。

例えば、「隠さず表現してくれて、ありがとう」「今のあなたを見せてくれて、くれたんだね。そのことについては、ありがとうと思う。」のように、言います。

困っている方、ぜひ試してみて下さい。ポイントは、嘘はつかないことです。つまり、ありがとうなんて、これっぽっちも言いたくない時に、無理に絞りだして言うのは、止めましょう。無理のない範囲で、練習を重ねれば、「ありがとう」スィッチができます。

あなたが怒りの取り扱いに困るのは、あなたが怒りを怖れている証でもありますからね~。ここが、ほんとの根っこです。

★ この記事に関心のある方は、こちらの記事も助けになるでしょう。