Tags

,

京都は、やっと5月っぽいお天気になって、そこからひとっとびに7月のお天気です。ストーブや、断熱製品の数々を、やっとしまえました。昼と夜では、季節が変わるような激しい温度差があり、身体がくるしいです。

人間が贅の限りを尽くした結果、動物や植物には、本当につらい地球環境になってきました。申し訳ない気持ちでいっぱいです。みなさんも、植林活動への参加でも、動物保護への寄付でも、なんでもいいから、始めないより始めた方がましだと思われることを、なにか始めてみませんか?その時に、ぜひお友達も誘ってみましょう。

毒性の強いいのちがすべてを支配する仕組みではなく、純粋ないのちが生き生きする仕組みに、積極的に加担していきませんか?ぼんやりそう思っているだけだと、実は前者に加担しているんです。