Tags

,

失敗したら、大事にしてほしいことがあります。

きっとみなさんは、「なぜ、失敗してしまったか」を考え、二度と失敗しないようにと対処する、思考回路をお持ちだと思います。その思考回路があるのは、まずすばらしいことです。

同時に、それより大事なことがあるんです。

それは、それでも、失敗していいのだと知ることです。深刻にならないで「自分っておもしろいね~、もっと失敗してもいいんだよ!」と、自分に言ってあげることです。そうすると、この失敗から何を生めるかに、興味が湧いてきます。そこから、あなたの本領発揮です。

失敗は、レーズンパンのレーズンみたいなもので、大きな成功には、小さな失敗が、たくさん埋め込まれています。だから、なぜ失敗したかより、「失敗からなにをつくりだせるか」が、大事です。そのために、「もっと失敗していいよ~」って、誰が何と言おうと、自分に寛容でいてくださいね。