Tags

せっかくその人を見込んで振った仕事。すぐ「できない」と返されたら、ガックリ来てしまいますね。でもね、ちょっと待って!こんな人もいるのです。

「やりたい」と思っているからこそ、「できない」と口走り、「やる」ためのエネルギーを生んでいる人。

この人の「できない」は、「やりたい」という、心からの絶叫なんです。そして、こういう人ほど、やり遂げます。「できる」「できない」という、その人の(思う、その人の)今。「やりたい」「やりたくない」という、その人の(思う、その人の)未来。

人を育てる立場にあるあなたは、その人の未来と現在の距離を、しっかり見守ってあげてください。「できない」に惑わされず、奥をしっかり見抜いてあげてくださいね。その過程で、あなた自身も、一緒に成長できるという、ありがたいおまけ付きです。