Tags

, ,

竹の下駄が気持ちよすぎて、唖然としています。今まではいていた靴というものは、一体なんだったのだろうか!

それで、ずっと気になっていた「浴衣で眠る」へも、行動を移しました。お祭りに着て行くパリッとした浴衣でなく、ガーゼ素材のものを探しました。

柄が選べないお店でしたが、熊笹文様(竹と同様で、吉祥文様)のものが、届きました。共布の帯がついていますが、仕立ての甘さも手伝い、間抜けなので、柔らかい兵児帯(へこおび)でも探そうかと、思っています。

現在の夏には暑いと思うので、これからの季節にピッタリになりそうです。

昔の人は、自分で浴衣も縫い、洗い張りもし、絹物はその度に蘇ったそうです。浴衣や着物としての役目を終えたら、座布団になったり、刺し子で補強されたり、くたくたの布オムツになったり、割かれてハタキになったり・・・。それがすべての家庭で行われていたに等しいなんて、頭が下がります。

気候がころころ変わりやすいからこそ、昔の智慧がつまった「和への回帰」は、いろんなリスクヘッジになると感じています。