定番の商品やサービスがあると、ホッとしますね。でも、定番を見つけようと、躍起になっているなら、イエローカードです。

定番によりかかりたがる人は、得てして、変化に弱いのです。また、見つけてしまうと、安心して、取り巻く状況や横たわる背景は見ません。だから、定番がなくなる時期や変更がでる予測もできません。

また、定番を見つけたがる人は、定番を「野菜ならここ」のように、ひとつに絞りたがります。「ここ」がなくなったら、終わりです。つまり、リスク管理が全くできていません。

定番を見つけて安心したい人は、世界を信頼はしていませんが、世界に対して盲目になっています。

あなたが、リスク管理力の高い人材を求める会社の社長や人事担当なら、ぜひ「暮らしの中に、定番のものが、どれだけあるか」物とのつきあい方・買い物の仕方を、面接で聞いてみてください。

ありありとあらわれます。