大丈夫じゃないあなたのままで、大丈夫だから。

敢えてこうした言葉をつかいますが、「機能不全家族」の中で「アダルトチルドレン」としてそだった「サバイバー」の方は、「大丈夫です」といいたがります。

子供の親への愛は、無償です。(親の子供への愛は、ほとんどが条件付です)だから、小さかったあなたが家族のあれこれを、引き受けてしまったんです。本当はそれは、あなたの役目じゃなかったのにね。あなたはもっと伸び伸び育ってよかったのにね。

それは決しておおげさではなく、「サバイバル」で、小さな手で一生懸命尽くしたら、あなたはもうめいっぱいになって「大丈夫」にしないと、生きていけなくなってしまいました。

「大丈夫」にするために、不安を感じないようにしたり、感情をあらわさないことを覚えて、なんとかバランスをとりながら、ここまで「サバイバル」してきたのです。それは、本当に今すぐにすとんとは認められないくらい、つらいことでした。

今、あの時より少しは安心できる状況にいてもね、あなたの「サバイバル」装置は、いつでもあなたをまもるために、スタンバイしています。だってそれだけがあなたをまもってきてくれたものだもの、スイッチ入れっぱなしにするしかなくなりますね。

ただ、そしたらね、「サバイバル」装置が稼働しなくてもいい時にも、稼働するようになっちゃってたんです。状況はかわっても、プログラミングはかわっていないから、当然よね。

そうすると、あなたは泣いていいと頭でわかっている場所でも泣けなくなったり、不思議なときに緊張するようになったり、自分でも驚くような怒り方をしてしまうようになりました。

泣いたり怒ったりして、脇があまくなることを恐れて、きわめて控えめにしか泣けなかったり、怒りたいけど笑ってエネルギーを発散させてしまったりします。

そうやって「大丈夫」なように、一生懸命ととのえてきました。これまで、たったひとりで、ほんとによくやってきました。むしろ頑張り過ぎていました。たくさん無理しましたね。

これからはね、もう「わたし大丈夫じゃない」と、ごく些細なことでいって、大丈夫です。あなたが大丈夫じゃなくても、周りの人が見えない力が、これまでのあなたの見えない努力に、ちゃんと応えてくれます。

あなたが大丈夫でなくても、あなたのいる状況は大丈夫になります。

あなたの家族に起きたことは、あなたが経験したことは、あなたが悪いから起きたことではありません。もう、自分を責めることは、おしまいにして、いいんだよ、ほんとに。

これからは、自分を責める代わりに、うんと自分を満たしてください。あなたには、非難や理不尽な批判より、ただただあたたかい安心できる愛が似合います。

「これまでよくやったね」と自分につたえても、もう状況はわるくならないから、大丈夫だよ。ほんとは無理して、これまで「大丈夫じゃなかった」あなたを、愛おしんであげて。あなたに「できない」ことがあっても「やりたくない」ことがあっても、もうそう伝えて、大丈夫だよ。大丈夫じゃないあなたのままで、大丈夫なんだよ。

本来のあなたのお役目でなかったことからは、もう手を引きましょう。見捨てるのでなく、ただ尊重して離れるのです。

2014年は、あなたの本来のお役目の方を、生きていきましょうね。大丈夫、大丈夫じゃないあなたのままで、大丈夫だから。

機能不全家族が生まれた背景には、戦争などいろいろなことがあります。「うちは機能不全家族じゃないから、大丈夫」とか、そういうことではないんですよ。みんなつながっていますからね。社会全体、世界全体が機能不全であり、ひとりひとりの身体が機能不全であることを、あらわしているに過ぎないのです。