大人買いしました。

りんご・玉ねぎ・にんじんに引き続き、梅干し・味噌・レンコンを、大人買いしました。

今は、愛媛と福井のお味噌を混ぜて使っていることになります。今朝のしじみのお味噌汁、最高でした!梅干しも酸っぱいほど、身体に合います。

レンコンは肺を潤すので、肺炎以来、ずっと食べています。レンコンがない時は、レンコンの粉をお湯にとき、くず湯のようにしていただくのも、いいそうです。佐賀から来てくれたレンコンは、この後、なますにする予定です。

人参も肺炎以来、意識的にとっています。常備菜には、かならず人参を入れています。りんごと合わせてジャムにもする予定です。人参はこんな風に、漢方薬にもなっていました。

食べ物も食べ過ぎると毒なので、腹6分〜8分を心がけてみると、身体がひらきやすくなります。もちろん、病中病後はのぞいてくださいね。あなたの身体がいるお部屋、にある物を、6割〜8割にすると、やはり身体がひらきやすくなります。

上はあたまでも捉えやすいように書きましたが、本当は身体がひらいてくると、勝手にそうなる現象です。身体がひらいてくるにつれて、出るもの(空間に残る思いやゴミなど)は、減っていきます。あたまで主導せず、身体主導でいくと、上は勝手に起きてきます。

そういうことを、2月11日「うつくしいリーダー」でも、もちろんやっていきます。あと6日でしめきりです!

ちなみに、大人買いしたのは、消費税率アップとは、一切関係ありません。次回のメールマガジンでは、「消費税率がアップする前に、やっておきたいこと」について書いていきます。よかったら、こちらから受け取ってくださいね!

この一月、嬉しかったこと。

みなさんは、この一月いちばんうれしかったことは、何でしたか?

わたしは、なんといっても英語のブログ記事を、何本かアップ出来たことでした。今月は、クライアントさん(外国人)へのメールのお返事だけでなく、他にも英語でのメールのやりとりが多かったのです。

そんな中でも、本当は去年からやりたかった、英語でコンスタントにブログ記事をアップしていくことができて、本当にうれしく思いました。

英語のレッスンに、たくさんのメールや記事を持ち込むので、英語の先生はひいひい言っていました(笑)。先生がばててしまわないように、途中で一緒にヨガのポーズを提案してやってみたり、いろいろ工夫してみました(笑)。

いつもながら「君の熱心さは、刺激的だよ」と言われています。これからますます、熱心になっていく予定なので、先生にも楽しくレッスンを続けてもらえるように、人としていろいろ工夫したいと思います。

レッスンが終わった後に、お互いに元気になるようなレッスンを、生徒としていつも目指しています。

わたしのしているコーチングは、コーアクティブ・コーチング(R)と言われるものですが、コーアクティブとは、上のような状態を指します。茶道の世界でいうなら、用意をきてくれる先生に対して、生徒は卒意をもって接するのです。その結果、いい意味での緊張感と尊重が保たれ、先週話したばかりでも、一期一会が生まれます。

最近は、ワークショップに参加してくださる方も、コーチングを全く知らずとも、卒意をもっていらしてくださる方ばかりで、こちらもますますやりがいに満ちます。

みなさん、ありがとうございます。2月11日のみなさんにお会いするのも、すごく楽しみです。腕がなります!

醜いフォロワー VS うつくしいフォロワー

今月は、たくさん贈り物をした月でもありました。

本だけでも、三十冊は贈ったでしょうか。いいと思った本は、著者への応援も込めて、上手に生かしてくれそうな方に、贈っています。

もちろんそれは、自分が共感したビジョンへの、自分自身のコミットメントでもあります。

リーダーシップを発揮している人ほど、人を応援するのが上手です。口で「応援する」と言うなど、仰々しく応援の素振りをみせて、その後自己満足に浸るのではなく、ただただ無理なく惜しみなく、力になっていきます。口は閉じていても、手を動かし、足を動かし、汗をかいていきます。

優れたリーダーは、優れたフォロワーでもあるのです。

あなたが「誰かを応援する」と言う時、あなた自身の自己満足のための「応援する素振り」になっていませんか?応援するとは、そこに無理なく惜しみなくあなたのエネルギーを、注ぐということです。生半可ではありません。

フォロワーであることを甘受して醜いフォロワーになるのではなく、精一杯応援するうつくしいフォロワーになっていきませんか?

リーダーとして表に出ることを引き受けられないのなら、なおさら精一杯うつくしいフォロワーになっていきませんか?

今、あなたは誰を応援してるのでしょうか? 今、あなたは誰に感謝を伝えたいのでしょうか? 今、あなたは誰からエネルギーをもらっていると感じているのでしょうか?

まずは、その人のうつくしいフォロワーになっていきませんか? 醜いフォロワーシップはあなたを無力感で満たしますが、うつくしいフォロワーシップは、あなたからあなたらしいリーダーシップをひきだします。

あなたが、あなたらしいリーダーシップを発揮している時、あなたは「うつくしいリーダー」です。

これを読んでいる今、応援したい人(フォロワーになりたい人)をひとり決めましょう。その人の本を友人や知り合いに贈ったり、メルマガを転送したり、その人の活動に参加してみたり、今日中に何かひとつ始め終えて、あなたの人生を動かしましょう。

もし、そばにいることしかできないのなら、気持ちを過去に引きずられず、頭を未来に逃さず、精一杯今ここにいてください。それが「そばにいる」ということです。

J’aime la vie.

お部屋に、あたらしい物達がやってきました。

一年ぶりのゴミ箱(約一年なしでした。とうとう「これ」というのに出会いました)に、一年間気になっていたジャム瓶に、愛用している鍋敷きの追加分に、椿・チューリップ・水仙が、新しい風を運んできてくれました。1月上旬からいるストックもまだ元気です。

20140123-185016.jpg

うーん、”J”aime la vie !”としかいえないこの気持ち。なにはともあれ、生きてるって最高だなと、思います。

“Moi aussi.” という方は、2月11日にわたしに会いにいらしてくださいね!

朗らかな1週間になりますように。

額縁。

昨日はあたたかくて、身体がゆるみました。気持ちもゆるんだ方が多いんじゃないかしら?そこで、気持ちのお話を書きます。

かつて、私の部屋には、長いこと、額縁に入れないままの絵がありました。その絵はそのままでも様になるようになっていた等々、もっともらしい理由は、多々あります。

でも、一番の理由は、わたしがその絵があらわすわたしの気持ちを蔑ろにしていたからです。気にはしていたから、しまい込むことなく、立てかけてはあったのです。でも、そんな風にその程度に、わたしはその気持ちを粗末に扱っていました。

その気持ちの優先順位をその後上げたんだとか、自分を粗末に扱っていたことを、ひた隠すような表現も、多々あるでしょう。でも、本当のところ、私はその気持ちを粗末に扱っていただけだったのだと、はっきりわかります。

額縁を買って、その気持ちに居場所ができた時、心から安心しました。その絵は、目立つところに、威風堂々とおかれるべきだったのです。つまり、私はその気持ちをもっと自分の中で堂々とど真ん中においてよかったのです。自分のあらゆる側面を、いとおしんでよかったのです。

今日は、居場所がなかった気持ちに、居場所を与える日曜日にしてみませんか?きっと、とても救われるだろうと思います。そして、これが「自分をリードし始める」一片です。

百合根。

冬は根菜が豊富ですね。先日、りんご・玉ねぎ・人参を、大人買いしました。そんな我が家のこの時期の定番の一つは、根菜和風カレーです。大根・ゴボウ・里芋・蓮根・百合根・人参・玉ねぎ・しょうがなど、どっさり入れます。

昆布だしや鰹節など、お味噌汁や煮物でつかうお出汁も加えてあげると、味に調和が生まれやすいです。すこしのお醤油もgoodです。具がなくなってきたら、出汁を足してのばしながら、お揚げさん・斜め切りした長ネギなどを入れて煮たたせれば、カレーうどんやカレー蕎麦にも、早変わりです。(夏はココナッツミルクを加えたり、トマトを加えながら、何度も楽しみます)

特に、受験シーズンのお子さんがいらしたり、激務でこころが落ち着かないご家族のいらっしゃる方、イライラしやすい方にも、百合根はオススメです。百合根は、肺を潤す効果や精神安定効果などで、知られています。百合根はカレーに入れたら、ほぼ溶けけてしまい、味にくせがありません。とろみをつけてくれるものとしても、使いやすいでしょう。ゆがいてサラダの具にしたり、茶碗蒸しの具にも、使いやすいです。なんと一つの百合根ができるまで、6年もかかるのだそうです。6年分を頂いているんですね。

根菜のように、冬の間、わたしたち人間も、じっくり根を太く長く伸ばしましょう。わたしも、じっくりと根を育てているところです。

この週末は、迎春ワークショップのフォローアップ(1回目)です。参加者のみなさんが、じわじわ根を養い伸ばした様子を見せていただくこと、楽しみにしています。お会いする方の魂の根っこに、とくとく栄養が注がれるような時間にしていきます。

あなたの身体なのに、他人の視線にゆだねていませんか?

「この年齢だと、このくらいの身体なら、まあまあよね」「仕事上、もっとこういう身体であることを、暗に求められてるんじゃないかな?」「寒いと思うけど、冷え性の基準は知らないから、冷え性ではないかも」そんな風にあなたの身体を、他人の視線にゆだねていませんか?

わたしたちは、身体という空間に住んでいて、身体がなくなると死にます。一般に、死んだと認識されます。

それくらい、生きることは「身体ありき」ではないでしょうか?その身体をいかなる理由があろうとも、他者の目線にゆだねてしまうことは、根本的にまちがっていませんか?あなたは養鶏場で、低コストですばやく育て終えられる羽のない鶏(注:実在します)では、ないんですよ。でも、ご自身を同じ視点から、ご覧になっています。今、気づかれましたか?

あなたの身体という空間と、周りの地球空間を隔てるのは、たった一枚の皮膚です。あなたの身体の中で起きること・あなたの身体の外で起きること、その両方に、あなたの身体はせわしなく対応していっています。あなたの身体は、驚異的に繊細なものです。それを鈍らせて、他人の視線から見た基準に合わせることは、決して大げさではなく、自殺行為です。

例えば、あなたがモデルさんなら「こういうモデルさんもいていいね」と、周りからいわれるように、モデルという枠組みの方を、変えていってください。変えるのは、あなたの身体ではありません。ヨガのインストラクターさん・ダンサーの方も、同じです。そして、実際そうされているモデルさん、ダンサーさんなども、もちろん存じております。たゆまぬ努力と微細な調整能力の上に、それが実現していることを知っていますので、心からの敬意を表します。

あなたに見合った身体を、とことん大事にしていってください。それは、地球環境を大事にすることと、全く同じです。ただし、あなたの身体がひらいていなければ、永遠にそのことを自分事として受け取れないでしょう。

この冬のおやつとこれからのPM0.5

この冬は、お豆さんばかり炊いていました。黒豆・小豆・金時豆を、ローテーションで炊いて、合間に焼き芋したり、アップルパイのフィリング部分だけつくって食べたり、酒粕焼いてメープルシロップたらりとしたり、フレンチトーストに目覚めたりといった、おやつ事情でした。

肺炎以後、シナモンは意図的に摂取しています。上の全おやつに合うのがミルクティーで、シナモンミルクティーにすることが、多いです。

アップルパイのフィリング部分だけ作る時、バターがないからオリーブオイルで作ったら、むしろこちらの方が軽くて好きでした。おやつに悩んでいたクライアントさんがいらしたので、わたしのおやつを、オープンにしてみました。

IMG_2784

1月も下旬ですし、そろそろ「花粉症の薬をもらいに、耳鼻科や眼科を予約しよう」という方も、多いのではないでしょうか?

PM2.5だけでなく、海向こうでは花粉の1/60の大きさである、PM0.5も飛んでいるそうですから、入念な対策が必要ですね。PM2.5だと呼吸器系疾患が増えますが、PM0.5はその1/5のため、肺の奥まで入り血液に流れ込み、循環器系疾患を増やすそうです。

ぜひ、マスクと空気清浄機を、常備されてくださいね。空気清浄機を買うことになるなんて、子供の頃、思いもよらなかったです。今後は、ブルーエア社のものなども、検討しないとと思っています。

清らかな水が飲める、空に触れられそうな場所に、住みたいです。

クライアントさんも何年も進言しても、マスクをされず、ようやくしてみたら「身体が楽でビックリ」と、仰っていました。他の提案についても「やってみたら、すごくよかった。もっと早くやればよかった」と仰るクライアントさんが、いらっしゃいました。

必要なことは、あなたの元に届いているのに、それをあなたが受けとっていないだけです。人生は結局そうです。成功者は、きちんと受け取っているだけです。ないない探しは、あなたが成功者でない証を積んでいくだけです。虚しくありませんか?

探し物ごっこをやめて、真にいのちを全うしたい方は、2月11日のグループコーチング「うつくしいリーダー」に、いらしてくださいね。

2012年開催分とは、内容がちがい、ぐんと進化しています。これだって、あなたのもとに「届いている」ひとつのことなんですよ。あなたが「受け取らない」だけで、ね。

「まだ次がある」なんて思いたい人は、世界情勢や地球環境の今後が、読めてなさすぎです。こころ閉じすぎ、身体にぶすぎ、いのち危険にさらしすぎ、です。

みなさんを感じるにつけ、ハラハラします。

身体ノート

こちらで紹介した身体ノート(星の王子さまのdaily plannerを活用中)に、何を記しているか」について、ご質問いただいたので、お答えします。

例えば、食したものについて、書いています。献立を記録しておく日もあれば、和食一辺倒だったのが、薬膳鍋の辛くないスープを見つけ、おうち薬膳にいそしんだなど、流れが変わったことだけ、書く日もあります。

身体の変化についても、記します。例えば、舌診のサイトを時々みるので、時々、自分の舌のスケッチを書いておきます。このヨガのポーズをしたら、鼻がスゥッと抜けたなんてことも書きます。このツボがすごく効いたから、あとで◯◯について調べるといったメモもあります。

その他、瞑想をした時の身体の感覚に違いがあった日やヨガのメニューを大きく変えた日、急に気になりはかった体重や体脂肪率も、書いてあります。体重等は、確認したいことがあり、毎日測るときもあれば、一ヶ月ぶりで十分なこともあります。

そこから派生し、身体感覚の変化により世界・地球の捉え方がかわった時や盲点に気づいた時もかきます。身体感覚を聴くことを妨げていたちょっとした習慣に気づいて止めた日や、身体感覚が楽になるような大きなシフトを起こせた日も、メモします。

身体感覚が変わるようなことを始めた時も、書いておきます。例えば、ヨガに加えてスクワットも始めたとか、お風呂に天照石を入れはじめたことを、書いています。

すごく寒かった日や雨が続いた日、やたらと空気の汚かった日に、それらをメモすることもあります。

ちなみに、頭で考えたこと・こころで感じたことは、スケジュール帳のメモ欄に書いたり、別のノートに書いたり、パワポやワードに落とし込んでいます。

身体をひらきたい方は、一緒に身体ノートを始めてみませんか?デジタル派のみなさんは、evernoteが使いやすいようです。

身体は紛れもなく、地球の一部として、現実に存在します。みなさん、おひとりおひとりが地球のリーダーです。身体という現実を、地球の一部をしっかりつかんでくださいね!

【開催概要】 2月11日(祝)13:30~17:30 「うつくしいリーダー ~心に触れる~」

この後、しばらくの間、休日・祝日開催のワークショップはありません。

「中国・インド・フェイスブック」なんてグローバリゼーションの一面を、人口順で表す言い方が、世間を賑わせたことがありました。そこまで、グローバリゼーションが進んだ今だからこそ、国家・コミュニティといった「人間社会」を超えて、「人間社会の良心」ではなく、「地球の良心」として、生き始めていきませんか?

そういわれると、「いやいや、そんな。まだ、自分のことだって手薄なのに」そう思う方も、いらっしゃるかもしれません。

そう思っていようといまいと、あなたがこの地球の一部であることは、ずっと変わりのないことでした。意識しようとしまいと、事実です。

「地球の良心」として、生き始めることは、特別だったり、むずかしいことでは、ありません。自分のことをうんと大切にする「自分の中心」に地球のことを大切にしたいなぁという「地球の中心」を、ただただ重ねていくだけなのです。

二つの円を、ゆっくり重ねあわせるように。
太陽と月が重なり、地球からは日食としてみえるように。

その二つは、既にあなたの中にあるものでしょう。時々、どちらかのあるいは両方の中心がずれて、ギシギシ言うこともあるのかもしれません。でも、だからダメということではなくて、単にやさしく中心を戻してあげればいいだけ、ただそれだけです。

「自分の中心」と「地球の中心」。重なる時間が増えていくにつれて、あなたは「地球の良心」である自分を、じんわり実感して、よろこびが身体に満ちていくでしょう。周りからも、そういうフィードバックを、分かりやすい言葉としても、頂いていくでしょう。

パーソナル・コーチングや、グループ・コーチング、ワークショップにいらっしゃる方は、口を揃えて言います。「本当は、普段からこういうことを話したかった」「いつも気になっていながら、後回しにしてきた大事なことに触れられて、誰より自分がホッとした」

本当は気になっている、世界の紛争のこと。平和がどうやったら実現されていくのかということ。地球の未来のこと。環境の話。子供の時には必死で考えた、死んだらどうなるのかということ。中高生の時には、友達と話し込んだ、愛とはなにかということ。日々に紛れてしまういろいろを出してみて、大きなあなたに伸び伸びと戻っていける機会を、使いませんか?

リーダーシップとは、出すことです。あなたも外へ出るということです。
それをサポートする仲間たちとも、出会いませんか?
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2月11日(祝)グループ・コーチング「うつくしいリーダー~心に触れる~」 

■ 日 時: 2月11日(祝)13:30-17:30 (開場:13:15~)
       ※ 最大で20分延長の可能性あり。
■ 場 所: 緑に囲まれた、気の良いスペース 
       ※ 詳細は、お申込み後に、お知らせ。

■ 最 寄: JR飯田橋より徒歩15分
       東京メトロ神楽坂駅より徒歩5分
      大江戸線牛込神楽坂駅より徒歩10分

■ 内 容: 身体感覚と感性(第六感まで含む)を、呼び覚ます
       オリジナルワークを盛り込んだ、グループコーチング

■ 対 象: □ リーダーシップが苦手・よくわからない
       □ リーダーシップは自分には関係ないとおもう
       □ 身体で感じる/心で感じるの違いを知りたい
       □ 自分の素晴らしさを知らない・知りたい
       □ ここから、本気で人生を変えたい
       □ 地球をきれいな空間にしたい
       □ 世界の平和を願ってしまう
       □ 現実を直視する力を取り戻したい
       □ 自分が誰か、分からないことが苦しい
       □ スピリチュアルになりたい
       □ 努力することはいとわない
       □ 周りと調和しながらも、自分らしく生きたい
       □ 自分が与えている影響を知りたい
       □ 何が起きても、自分の魂の声に沿って生きたい
       □ 人として正しく生きたい
       □ 透明感のある人になりたい
       □ 清潔感のある人になりたい
       □ 欲を満たすことに、飽きた
       □ 志を生きて、次世代に何か遺したい
       □ ミッションが同じ仲間に出会いたい

■  定 員: あと4名   ※ 先着順
▼ 〆 切:2月4日(火)夜21:00 
▼ お申込みフォーム:

■ その他:  
1.フォローアップ(自由参加)は、1ヶ月通してのオンライン上の限定コミュニティ
  内でのサポート&全体グループコール三回から、なります。
2.今年の秋~冬に行う予定の、「うつくしいリーダー」同窓会にご招待します。
3.身体をひらくことを大事にするため、手作りのお菓子と温かいお飲み物を
  ご用意します。
4.治療の必要がありそうな方は、参加をご遠慮ください。
5.コーチングの詳細を知りたい方は、こちらを参照されてください。

■ 主催: 吉野 実岐子(米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ)

24時間以内に、お返事を受け取られない場合、サーバートラブルなどが、考えられます。恐れ入りますが、以下まで、ご連絡をお願いいただけますか?
emailいつもありがとうございます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回も、遠方からもお申込み頂いています。皆様の並々ならぬそのお気持ちに、それ以上を用意し応えること、お約束させて頂きます。

もちろん、美人アシスタントさんも、あなたをお待ちしております。

◎ 2/11「うつくしいリーダー」の開催報告はこちらです。
◎ 2/11「うつくしいリーダー」のその後の感想はこちらです。

逃れることと引き換えに、自分の生きている価値のようなものを、永久に失ったんや。

昨日の京都は、よく吹雪きました。

大寒の今日は、ドラマ「ごちそうさん 77回 ふくが来た!」より、引用させていただきます。

『これから親になる君たちに、話しておきたいことが一つだけあります。私は昔鉱山で技師をしていました。詳しく言えば、掘削した鉱石の精錬をしていました。主に銅です。銅の精錬は、言わずと知れた国の基幹産業でした。日清日露の軍備は銅で整えたと言われるほどの。

自分の働きが国を豊かにしとる、わたしは、素直にそう思うてました。銅の精錬には、鉱毒というものがつきもので、当然その認識はありましたが、日本が列強に加われるのであれば、とやかく言うこともないと、豊かになるん言うのは、そういうことやと思うてましたから。

そやけど、鉱毒の被害は思たよりも、深刻なものや言うことが、わたしの勤める鉱山でもあからさまになってきたのです。近くの川には、魚が浮かぶようになり、作物は実らんようになって、山はまるはげで、土砂崩れも起きるようになりました。

もちろん、人間だけが無事なわけはなく、大人になる前にいのちを落とす子供が増えていきました。やがて、周辺の村から抗議の声が大きくなり始めた頃、半ば口封じのために、立ち退き要請や土地の買い上げなどを任されることになりました。自分たちの引き起こした被害をつきつけられる日々に、神経が擦り切れそうになったその頃、君のお母さんが亡くなったのです。

もう分かったでしょう。わたしは、家族のためにと言いながら、渡りに船と山から逃げだしたんです。そうして因果なもんで、ついには逃げ込んだ家族からさえも、逃げました。けど、どれだけ逃げても、逃げ切ることはできませんでした。

そしてある日、つと気づきました。わたしはこんなんから逃れることと引き換えに、自分の生きている価値のようなものを、永久に失ったんやと。

(中略)

けど、あやまちをおかした後に、どう生きるかを選ぶことはできるんです。もし、あやまちと戦い続ける姿を見せられていたならば、君にそのことを伝えられたのではないかと、思います。ただただ、逃げ続けるわたしの背中は、君に過剰な責任感と、間違うことへの恐怖心を与えてしまった気がします。

(中略)

どうか、わたしのような親にならないように。どうか、あなたたちは、生まれてくる子供に、輝く未来と、豊かな誇りを与える人であって下さい。

わたしの方では、みなさまが逃げることを止めて、自分の生きている価値のようなものを、取り戻すために、こちらを用意しております。さらに、みなさんが、生まれてくる子供に、輝く未来と豊かな誇りを与える人であるために、こちらも用意しております。

ご自身のいのちをくすませたままにするのか、ここから、輝きを取り戻していくのか、あなたがここから、どう生きるかを選んでいく上で、どうぞご活用ください。

身体がひらいてくると出来る、便利なこと1

東京住まいだった以前は、洋服は絶対試着してから、買っていました。日本で一番品数が揃っているデパートへは15分足らずで行けたし、世界でパリと東京にしかない店にも30分ほどでした。

そのことに、京都にきて初めて気づきました。文字情報としては、知っていましたが、東京育ちだし、実感がなかったんですね。身体も、今よりずっと閉じていました。

当時、洋服を通販で買ったことは、まずなかった気がします。行く方がはやいし、そのはやさを好んでいました。買ったとしても、同じ型のものを違う色でという、間違いようのないやり方をたどっていました。

ところが、身体がここまでひらいてくると「一度もきたことないブランドのもの」でも、しかもはいてみて違ったとなりやすい「パンツでも」ピタッと合うものを、パソコンの画面を見ただけで、買えるようになりました。(もちろん、部屋着ではなく、外出着です)

これは、ハッキリいって、相当便利です!セール会場で人混みに紛れなくていいし、行き帰りの疲れもなく、他の大事なことに力を注ぎながら、ちゃんとファッションも楽しめるんです。

この時は、人間はこんな能力を持っていたんだと、感動しました。ただ、眠らせていただけなんですね!多くの人が人間の力や人間らしさを、鈍化しロボット化することや欲まみれになることだと、履き違えておいでですが、それは間違いです。

この過程は、パーソナル・コーチングで、がっつりサポートしています。触りは、ワークショップでも提供していますが、その後どうなるかは、ご自身が正しい努力を継続できるか次第です。お一人ではなかなかむずかしいプロセスですから、プロの力に頼ってくださいね。

身体がひらいてくると出来る、便利なこと2は、メルマガでご紹介しています。

確実に前進する人がやっていること。

確実に一歩一歩前進する人がやっていることは、何だと思いますか?小学生以上なら、誰にでもできることなんです。

それは、自分についての事実を「記録」することです。日記のように気持ち(解釈)をしたためて、内にあるなにかを消化しようというのとは、違います。また、アーティストのように、内にある何かに意思を持たせ(るかのように)、作品(のようなもの)をつくることとも、違います。

かつて朝顔の観察日記で「つるが5センチ伸びた」「双葉が一枚出た」と事実を記録したように、ただただひたすら記録するのです。記録していくにあたっては、デジタル派さんにはevernoteが、アナログ派さんにはデイリータイプの手帳を、オススメしています。

わたしはiPhoneより紙の手触りを好むので、大好きな星の王子様さまのデイリータイプの手帳(moleskin)のEnglish versionを使っています。手に収まる大きさやiPhone程度の重さであることも、気持ちいいポイントです。ペンはここ数年、消せるペンである、フリクションのこのタイプを、愛用しています。

英語力を伸ばしたいなら、英語力について、身体をひらきたいなら、身体について、観察できた事実を、たのしく書き留めて、足跡を残していきませんか?

毎日やろう!と気張るより、わたしは週に1回の記録から始めよう→慣れてきてもっと記録したくなってきた→じゃあ数日に1回は記録しちゃおうかな、とゆる〜くでも「とにかく続ける」のが、ポイントです。

後で振り返ると、面白いですよ。自分が進んだ気がしていた時ではなく、記録がまめな日にちゃんと進んでいるんです。びっくりする位そうなので、毎回びっくりしてしまいます。進んだ気がするというのは、本当にただの思い込みに過ぎません。

コーチをつけているなど、周りからのフィードバックを受け取る環境を整えている方は、記録がまめな時期に「努力したね」「よく踏ん張ってすすんだね」というフィードバックをもらっていることに、気づけるでしょう。進んだ気がしている時は、必ずしもそうではないでしょう。

どんな人にも、盲点があります。そして、盲点からくる思い込みを自覚する度に、確実な一歩を重ねていけます。それは、リーダーにとって、最低限必要な基盤ではないでしょうか?