Tags

,

小さい子供は、事実しか言わないですね。子供目線でかかれたこの歌は、それを表すいい例です。

歩こう 歩こう わたしは元気
歩くの 大好き どんどん行こう
坂道 トンネル 草っ原
一本橋に でこぼこじゃりみち
クモの巣くぐって くだりみち

解釈をしたりストーリーをつくって、欲を満たしてしまう方は、上の詩のように「一切形容詞は使わない」と、よいかもしれません。一切形容詞をつかわず、日常を過ごしてみるのです。

IMG_2633(ザ・冬の関東地方の空)

ちなみにこの「となりのトトロ」でおなじみの歌の作詞は、ぐりとぐらの絵本でおなじみの中川さんです。中川さんは、保育園で働いてらしたそうで、だからこんなに子供目線でかけたそうです。

子供のように、事実だけをみる眼は、リーダーにとっては、最低限必要なことです。まず、目に見えているものをありのままに見えずして、どうして目に見えないものを感知できるというのでしょうか?