Tags

,

こんにちは、吉野実岐子です。

今週末は、雨模様になるところが多そうですね。4月20日には、二十四節気でいう「穀雨」に入りますが、この時期の梅雨を「筍梅雨」なんて呼ぶそうです。今年は、若竹煮・筍ご飯を、それぞれ5回以上ずつ頂き、昨夜の夕飯には筍の天ぷらを頂いたので、この呼称をより身近に感じています。

このところ、コーチング・セッションで多かったテーマが「実は休んでいなかった」です。

・家にいるから身体は休んでいると思い込んで、たくさんたまった録画を見て頭を酷使していた
・寝転がって身体を休めているからと、スマホからメールを打って、心も体の一部も休んでいなかった
・寝ているのに夢の中でも仕事のことを考え続けていた

みなさんは、上のような経験はありませんか?

頭も心も体も、動いていない状態(もちろん、心臓などは動いている状態です)を、生み出してあげませんか?そうすると、本来の自分(スピリット)と記憶を区別しやすくなります。記憶は、お鍋についた焦げ・お皿についた生クリームのようなもので、記憶とはあなたではありません。

ぜひ、今日は10分だけでも、頭も体も心も休む時間を、用意してあげてください。多くの方にとって休むことは勇気のいることだと思います。でもその勇気は、絶対に出して頂きたい勇気です。

わたしも今日は、ゆっくり休みます。筍梅雨の前の青天を、堪能します。昨日のワークショップ「エネルギーのうつくしい循環」は、自分が創っておいてなんですが、摩訶不思議な感じでした。また明日以降、詳しく開催報告をお伝えしますね。Have a nice day!