Tags

,

こんにちは、吉野実岐子です。

東京で断捨離しています。とは言っても、捨てる物はほとんど無く、机の裏側を拭くとか、引き出しをひきだした際の横の部分を拭くという、細かな清掃に終始していました。

でも、この微調整が大切で、自分の人生の血行を良くするマッサージのような、次の活路をひらく効果があります。

中学の時に「舐められる状態が、きれいということです」と教育されましたが、まだまだ我が家には舐められないところがあります。

夏に祖父母の家に遊びに行くと、朝はぞうきんがけが日課でした。祖母は何でもできる人で、設計図はひくし、日本刺繍は上手だし、和歌は詠むし、祖父の事業サポートもしていた人でした。その祖母から、いつもぞうきんがけは褒められて、嬉しかったことを思い出します。

なにか「できない」と言うと、「おばあちゃんなら、どうしたらもっと努力できるかな?と思うよ、それだけを考えるよ」と、言われたことを、思い出します。

今日はそんな祖母とお話しに、お墓参りに行ってきます。どうぞみなさまも、心あたたまる一日をお過ごしください。