Tags

,

こんにちは、吉野実岐子です。

今、写真をアップしている紀伊勝浦(和歌山県)では、マグロや鰹の酒盗がうられていました。

わたしは飲み屋さんでしか見かけたことのない、酒盗ですが、大根おろしと和えたり、レモン汁・酢を合わせていただくとよいと教わり、やってみたら、確かにおいしくいただけました。紀伊勝浦から数駅離れた古座では、郷土料理として、ささげ粥を出していただき、とてもおいしかったのです。ささげ豆が手に入らなかったので、小豆粥にして、朝ご飯にいただいています。

奈良〜和歌山は、ささげ粥・茶粥・柿の葉鮨・あぜの葉鮨・めはり鮨など、食文化に共通点が多くあります。わたしは、あぜの葉鮨の梅入りのものを、いただきました。

めはり鮨は熊野の名物で、高菜で白い握り飯を巻いてあります。大口を開けて、口に入れると、自然と目も大きくなってしまうことが、言われだそうです。

高菜で握り飯を巻く地域は他にもあれど、熊野エリアでは、畑に高菜を植えておいて、植えたまま一枚ずつ収穫して使うのが、特徴的なのだそうです。

和歌山は梅・みかん・プール(水がいい)、わたしにとっては三拍子そろったエリアです。特に南紀は、沖縄・山口・広島と並び、昔から海外移住率の高いエリアでした。人が沖縄とにていて、わたしにとっては大変に合うエリアです。昨年、山口にいった時も、オープンで芯が強い感じと、人がいいことが、印象的でした。沖縄はクライアントさんとの出会いから、道がひらけていっています。

みなさんの「身体に合う」「こころに合う」を共に満たす土地は、どこでしょうか?見つかると、ほんとうに楽ですね。「合う」もの・土地・人探しも、お手伝いしています。