空腹感の正体。

こんにちは、吉野実岐子です。

食べたばっかりなんだけど、なぜか空腹感を覚えることはありませんか?お腹を触るとポッコリしているんだけど「もう少しいけそう、食べちゃえ!」と思う瞬間です。あるいは、いつも食べないおやつを食べたら、いつもより空腹感を感じ、夕飯が待ち遠しい瞬間です。

実は、胃腸の粘膜が傷ついていると、脳が勘違いして、空腹感をつくりだしてしまうそうです。

「お腹がすくから、食べるんだよ」と思っている人が多いと思いますが、どちらかというと「食べるからお腹がすく」方が、本質なんですね。

来週のメルマガでは、さらに食について「そうだったのか!」と体感したことを、科学的にお伝えしていけそうです。まだの方、こちらからご登録いただくと、読めます。

わたしは、偽の空腹感にクリアにきづけるようになった時、感動しました。ちなみに、偽の空腹感にきづけるようになってから、自然と半日断食になっていました。それについては、明日書きますね。