Tags

,

おはようございます、みきです。

夏からずっと、しょうがにはまっています。味噌汁にも紅茶にもカレーにもおでんにも、入れています。

みなさん、自分に寄り添っているつもりで、記憶に寄り添っていませんか?

例えば、何か症状がでて、それにより、ほんの少しでも不自由しているとします。

しかし、あなたは過去に病院や鍼灸院で、すごく嫌な思いをしたから、病院や鍼灸院には行きません。なにか代わりになる有効な手段をみつけ、行動することもしません。過去にあじわった恐怖やいやな思い、思い出したらさらに湧いてきた不安の方に、寄り添ってしまっているからです。過去を生きているんです。

これは、ご自身と記憶を区別できていない典型的な例です。つまり、今を生きていないんです。

ご自身と記憶を区別できていないと、時間もお金も浪費がふえ、投資が減ります。

お金や時間は、そうやってあなたの現在地をいつも教えてくれます。本当にありがたい存在です。