切れ味よく!

おはようございます、吉野実岐子です。

今日は七草粥ですね!セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ(蕪)・スズシロ(大根)、春の七草ですが、セリは目覚めをシャキッとさせてくれるのを、ご存知ですか?朝、セリをいただくこと、おすすめです。

さて「切れ味がいい」といわれると、「きつい」「強い」「こわい」といったイメージが連想されるでしょうか?もともとは、刃物から来ている言葉です。

それでは、実際の刃物はどうでしょう?実は、切れ味がいい方が人にやさしいんです。たとえば、医療では、切れ味がいい方が傷跡が小さく、料理ではケガが少なく早くできて、美容では重くないし痛みが少ない(髪が引っかからない等)です。

実は、同じことが人にも言えます。切れ味のいい人の方が、結果的に人に優しいんです。切れ味のいいみなさん、ぜひ引っ込めずに、その切れ味の良さという優しさを、どんどん表現していきましょうね!