Tags

おはようございます、吉野実岐子です。

少し、江戸時代とご縁のある記事を書いてきたので、今日は江戸時代から時を耐えて、現在に残る、今でもわたしたちが恩恵を受け取れるものについて、ご紹介します。

江戸時代、世界初全身麻酔をしたとされる、華岡青洲という医者がいますが、彼が考案した紫雲膏(しうんこう)です。ゴマ油をベースとしているので、塗る時にはお腹がすきますし、紫根が入っているので、赤紫色が服などについてしまいますが、唇のひびわれ・手の皸・痔・やけど跡など、肉芽形成を必要とする、熱をもっていないじゅくじゅくしていない状態に、とても効きます。塗り薬です。

深く指を切ってしまった時、傷口がくっついた後、紫雲膏を塗ったら、ギョッとするくらい早く、何事もなかったかのようになりました。唇のひびわれには、蜂蜜パックやいいとされるリップックリーム・唇用美容液・ワセリン・馬油などありますが、そうしたものの比ではない効き目を見せてくれます。耳かき1/4にも満たないほんのちょっとで、十分そうなります。これには、驚愕しています。つくろうと思えば家でも作れます。

上に出会ってから、華岡青州がつくった薬を改善したとされる中黄膏(ちゅうおうこう)も知り、常備薬に入れています。こちらはウコンの黄色がやはり服につきますが、ただれや熱を持ったかゆみによく効きます。やはり塗り薬です。

この二つは、時を耐えたものの、静かな中で、パーンとはじけるような、他の追随を許さない存在感を感じさせてくれます。そしてまた、その存在感自体にも、とても力をもらっています。