Tags

,

おはようございます、吉野実岐子です。

お正月もあけましたので、数日に分けて一月の大掃除を終え、水仙を飾りました。糠床に昆布を入れて味を調え、新たに蕪を入れて、塩レモン・塩柚子をつくりました。お風呂には、でこぽんの皮をちらりと入れています。

ぬか漬けにしたショウガを使って、カブの葉で浅漬けもつくり、この時期には欠かせない、大根・水菜・豆腐・柚子のサラダも作り置きし、冷凍してあった栗を茹でて、こちらでせっせと皮を剥いています。毎月のことですが、包丁も研いで、スッキリしました。そして、糸を買いにみすや針に寄り、カーテンやカットソーの襟ぐりを次々に繕いました。

ito

身体がひらくにつれ、嗅覚もどんどん取り戻せて、梅の香がするので驚いて、周りを見渡すと、少し先に、固い蕾のついた梅の木が凛とあったりしています。

寒の内を過ぎれば、いよいよ梅の花もほころび始め、身体も春のそれへと準備を始めていくことになります。今日は、今のうちに調える・整えるべきことについて、計画を立て、実際に手をつけ始めてみませんか?