Tags

おはようございます、吉野実岐子です。

近所の梅と早咲きの桜が、咲き始めました!

このところ、圧倒的な努力を続けてきたクライアントさん達が、感謝の湧き水のようになっています。

誰にみられるでもなく、圧倒的に努力し続けた果てに、感謝に満ちるとは、人間のうつくしい姿のひとつですね。否認から感謝に逃げ込むのではなく、自分のできなさ・ダメさを洗いざらい認めきったから、道の方が新しくひらいてくれて、そこに招いてもらえた、そんな方達なのです。

そして、そんな風にして感謝に満ちるということは「次のステージにいく準備ができたよ」というサインです。

人生全体をぐるっと見渡し、長い間固定されていた関係があるなら、変えていきましょう。やってもらって当たり前だったことを、自ら進んで行ってみたり、思っていても表したことのなかった気持ちを形にしてみるのです。うらやましいと思うことほど、手をつけていく時です。

新しい自分に出会って、またとないすてきな春を成していけます。