Tags

,

おはようございます、吉野実岐子です。

大半をショートヘアで過ごした10代、つげの櫛を使っていました。ドラッグストアで売られている椿油も使ってみたことはあるのですが、合いませんでした。

その後、パーマをかけたりで、目の粗いブラシを好むようになり、美容院にはちょくちょく行く派でしたので、それで髪が絡んだりすることもなく、時は過ぎていきました。

さて、ここ数年カホクさんのものは、贔屓にしてきました。黒胡麻や菜種油を使わせていただいていました。この春、椿油も出されていることに気づいたのです。感じてみると、いい感じがしました。明治5年製の石臼式圧搾機で「玉搾りという昔ながらの方法でしぼり、手漉き和紙で漉してあるそうです。農薬・化学肥料不使用のつばきだけを使っており、無熱処理・無精製で、食用にも使えます。

そこで、早速使ってみると、延々のばしていて絡まりやすい髪が、たった二滴で絡まらなくなり、するっとまとまりました。ドラッグストアで売っているそれと、正直まったくの別物です。さらに、つげの櫛に一滴垂らして、なじませてから使えば、もうさらっさらです。

昨夏より、ココナッツオイルを幅広い用途で使ってみていました。そして、コクを出したいお料理や南方のお料理にはココナッツオイルという辺りに、活躍場所が定まってきました。ココナッツオイルは、肉じゃがやカレーやパンケーキには、オススメです。紅茶やコーヒーに少しいれれば、手軽にココナッツフレーバーも楽しめます。また、ゆかいなエネルギーが乗りますから、ゆかいになりたい時はいいです。

しかし、髪には椿油とつげの櫛のセット、いいです。ショートヘアだと、一滴の半分で十分です。

とうとう椿油とつげの櫛の良さを明確に知れて、うれしい気持ちでいっぱいになりました。なんでも、良さはとことん知って、粘り強く生かしていきたいです!