怒りを相手に伝える。

おはようございます、吉野実岐子です。

怒りを感じる時、相手にどう伝えたらいいかわからなくなるなら、ひとつ前の気持ちにもどってみましょう。

気持ちをあらわすことに性急になって、出てきた怒りを閉じこめようとしたり、隠そうとするのではなく、ただ心の中で一歩下がるのです。

怒りを感じる前に、どんな気持ちを感じましたか?自分にきいてみましょう。そして、その気持ちから、相手に伝えます。

怒りはあなた自身をまもる感情です。だからこそ、怒りに溺れるのではなく、怒りを目撃する状態をつくりましょう。

心の中で一歩下がって、怒りを目撃できるようになるには、毎日20分の瞑想が強力な助けになります。

七夕セッションにいらしていただいてもOKです。