拙さと向き合う。

農家さんからまくわうりを二つも頂いて、堪能しました。おはようございます、吉野実岐子です。

自分の英語の拙さはもちろん、日本語の拙さも大変気になっています。

この夏は少しだけ、日本語使用のルールを見直しました。以下、個人的なメモですが、お役に立つ部分もあるでしょうから、公開しておきます。

〈ひらがな表記〉
1.誤読の恐れのあるもの(例 こまごまと)
2.甚だしい当て字(例 めちゃくちゃ)
3.星座の名前(コップ座などの外来語を除く)
4.すなわち なお せんだって だんだん あまりに いかにも いささか いたずらに おおむね おのずから およそ かえって ことごとく じかに たとえ ひとえに ひときわ むやみに やみくもに

〈カタカナ表記〉
1.○箇条や○ヶ条とは書かず、○カ条。○カ所も同様。
(「箇条書き」は、当用漢字補正案(昭和二十九年)で削除。現在は「個条書き」と記載)
2.ユリ ニンジン キュウリ ネギ

〈常用漢字になったもの〉
・滑(コツ)

〈句読点やダッシュなどの使い方〉
1.段落最後の文全体が括弧でくくられている場合、段落末の句点はつけないが、文の途中から括弧が始まっている場合は、段落末でも句点をつける。(例 笑いながら「いやまいった」。)
2.複数の文の総括的注釈の場合は、句点は開き括弧の前につける。(例 値上げは結局4月からに決まった(当初予定は、昨年10月)。)
3.?や!に別の文がつづくときは、一字分空ける。(例 しまった! あなた、傘持ってる?」)ただし、?や!が文中の語句にかかる時は、一字空きは不要。(例 本当か?と彼は思った。)
4.東京ー大阪間のように、区間や組み合わせを示す場合は、一字分のダッシュを使うが、インタビュー記事の問いの文頭などで使う時は、二字分のダッシュを使う。(例 ――今後の目標は?)
5.大々的などの々は、行頭に来てもそのまま使う。
6.古古米と表記。
7.括弧内に括弧を使う時は、[(〈〉)]の順で、引用符は「『””』」の順で使う。

〈数字の使用〉
原則として洋数字だが、以下の場合は漢数字を使う
・万以上の単位語が後に来る (例 ○10万人 ×5百円)
・あいまいな数字を表記する(例 二百数十年)
・読み誤る恐れがある(例 二、三十年前)

もう少し美しい日本語と英語で、みなさんにお届けできるよう、この先も精進いたしますこと、お約束させていただきます。みなさんは、どんな約束を胸に、日々を生きているのでしょうか?