今じゃなくてもいい。

「いまわのきわ」は「今わの際」と表記するんですね。
おはようございます、吉野実岐子です。

恐怖や不安から、何かに手を伸ばしていませんか?すがっていませんか?

そういうとき、こんな視点を提案しています。例えば「あれ買わなくちゃ」と思うとき、「わたしはあれを売っているお店の持ち主」と思っていただきます。そうすると「いつでも買えるなぁ。それならいつでもいいかも」と思えてきませんか?

さらに「今回手に入れられなくても、わたしなら、さらにいい物を仕入れられる」と発想も転換していきませんか?

今じゃなくてもいいものにすがることを止めれば、実際さらに良いものに出会いやすくなります。視野が広がっているからです。

今じゃなくてもいいと思えると、心にも余裕がうまれます。ガツガツしないと、大人の風情も漂いますね。