大きな愛でもてなす。

京丹後には、狛犬ならぬ狛猫がいるそうです。おはようございます、吉野実岐子です。

先日、奈良の吉野の奥の方に行き、自然はいつも大きな愛でもてなしてくれるなぁと感じました。その愛の中で、人もみんなニコニコして、既に冬毛の芝犬さん達は、ふわっふわっしているし、みんなが全体の一部として、きちんと自分の居場所にいて、安心するのです。

愛とは、全体性でもあります。また、清さでもあります。清いほど、周りが脅かされずに済むのです。

動物は、傷ついて、居場所からずれてしまった人を目ざとく見つけて、寄り添います。そうすることで、その人が本来の居場所に戻ることをサポートします。清さもまた同じです。世界に安定をもたらし、それは「信じる」ものではなく、身体で「感じる」ものです。

今週も大きな愛でもてなされている自分に気づいていくには、どんな工夫をしてあげるといいでしょう?今週あなたが周りを大きな愛でもてなしていくには、どんなきっかけがサポートになるでしょう?

好きなところから、考え始めてみてくださいね。