なり切る。

おはようございます、吉野実岐子です。

みなさん、変身できるとしたら、誰/何になってみたいですか?三つほどあげてみて、ちょっとメモしてみましょう。さらに、その三つを選んだ理由を横に簡単に書いてみましょう。例えば、聖徳太子・地球がきれいだった頃の人間をみてみたい/子猫・無防備/深海魚・闇に住む術を知っている、のように書きます。

この三つの横に書いた理由が、みなさんが自分の中からさらにひきだしたいと願う魅力につながることです。さらに、そこから止めないで、休日の日にぜひ、この三つのファッションを自分なりにしてみてください。人から見てもそう見えるかではなくて、自分の思う姿をあらわすことに、集中してみましょう。

そうすると、その三つに力を借りながら、自分の幅を自然と広げていけます。

さらに、パートナーやお友達と時間を決めて、選んだもののどれかで「ごっこ」遊びをしてもいいですね。「子猫だから、甘えちゃうんだもーん」や「深海魚だから、今日は地下しか歩かないよ」「聖徳太子だから、スマホは触らないよ」といった、色々な選択が出てくるでしょう。

対応する側も「あれ、有名人だと思うとおどおどしちゃう」とか「ごっこにうまく入れない自分がいる」といった、色々な気づきを頂けるでしょう。

なり切ることは、子供も得意ですが、子供の場合は、そのまんま真似をしていることもあります。大人だからこそ、自由に創造力を膨らませて、さらに豊かになり切ってみて、自分の魅力を開花させてあげてみてくださいね。