親密な関係を築きたい?

りんごに助けられています。おはようございます、吉野実岐子です。

自分の気持ちや望みを知っていないと、何かに対する反発/反動といった「依存」の状態から、行動してしまいます。行き当たりばったりになり、やってる感はあっても、実際には大切なものを大切にすることがとてもむずかしく、虚無感が残りやすくなります。

自分の気持ちや望みを知っていると、親密な関係を健やかに築きやすくなります。男女間の初期の関係は、初期の母子関係を再現したものだとよく言われます。どちらがどちらかわからないような状態であるが故の万能感を感じることもできますが、そこで自分の気持ちや望みに気づけず、反発から発言したり、反動から行動すると、親密な関係を保つことは難しくなります。

相手に自分の親を投影していく限り、親密な関係は生まれえません。まずは、自分の気持ちや望みに気づく練習をひたすらしていきましょうね。