Tags

おはようございます。本屋で真っ先に数学の棚に向かったことはない、吉野実岐子です。

少し前に、甥に時間の概念を伝えようと、本屋に立ち寄りました。そしたら、わたしの方が、苦手だけど美しいと知っていた世界にアクセスしたくなり、今は漫画でそのサポートとなる本が、ずいぶん出ていることを知りました。

『数学ガール』という漫画は、読み始めから、目からうろこでした。例えば「数学の世界を組み立てるために、有用な数学的概念を見つけ出して名づけたものを、定義という。定義が有用であるとは、定義が可能なことではない。そして、例えば、素因数分解の一意性(正の整数の素因数分解は一通りしかない)を守るために、素数に1は含めない。」を知って、スッキリしました。

厳密な言葉遣いをしていく大切さ・そもそも定義と例示の違いすら、腑に落ちておらず「例示ができるからいいでしょ」と、前に進もうとしていた高校時代の私に、教えてあげたくなりました。

受験を前提とした数学では、自分のペースより進みが早く、結果的に答えを出す練習に追われ、その本質の美しさには、あまり触れられませんでした。問題の言わんとする図形は正しく描けるけど、解けはしないわたしに「図形を描く方が難しいのに。描けたら絶対に解けるのに。どうして解けないの?」と、数学の先生が首を傾げていたことを思い出します。

図形を描く方が、数学の美しさには触れられたから、そっちにエネルギーを注いだのだと思います。問題が解けても、何も美しくと感じませんでした。10代から全く変わっていない価値観の一つです。みなさんは、答えを出す方と美しさに触れる方、どちらを選んで、人生を生きてきましたか?