冷えとりの徹底で、仕事もはかどる。

“You are there to shake Nabari up, just in your presence. Hang in there!!! “と越してきた頃、英語の先生が励ましてくれたことを、ふと思い出しました。”You are shaking things up in your presence.”と、多くの人から言われてきました。おはようございます。吉野実岐子です。

冷えていない身体は、春や秋に長袖一枚で気持ちがいいときの身体です。手と頬の温度がほぼ同じで、そのまま太もも裏やお尻や背中を触っても、冷たくも暖かくも感じない状態です。その身体を冬にもつくってください。

寒いから、ホッカイロや暖房やこたつや湯たんぽなど、外から熱を加えて温めているなら、既に冷えています。上に書いたような、春や秋の身体とは違います。お風呂でうんと温めた身体の温かさをただキープする程度に、そうしたものは使ってください。

それ以前に、下着や靴下の素材を工夫したり、適度な筋肉と脂肪を身にまとう必要があります。こちらを徹底しておこなってください。「冷えとり」の名でブームになった方法のいくつかは、正しいものです。取り入れてください。

そうすると、仕事がはかどるので、驚かれる方が多いと思います。身体の通りがよくなれば、頭も冴えわたるのです。さて、七草粥を頂きましょう~。