Tags

朝起きたら、うっすら銀世界でした!おはようございます。吉野実岐子です。

昨日の続きで、腕の筋肉がらみで、面白かったものを挙げてみます。

– ビールジョッキでビールを飲む時に使う: brachioradialis muscle/腕橈骨筋
– トランプをめくるときに使う: supinator muscle/回外筋
– お相撲さんが突き押しで使う: anconeus muscle/肘筋
– フライパンを持つ時に使う: extensor carpi radialis longus muscle/長橈側手根伸筋 と extensor carpi radialis brevis muscle/短橈側手根伸筋

手の筋肉である、extensor digiti minimi muscle/小指伸筋は、人によってない筋肉だそうです。わたしもなったことがある腱鞘炎は、
extensor pollocos longus muscle/長母指伸筋とextensor pollicis brevis muscle/短母指伸筋と共に腱を使いすぎたときに、なるそうです。

目がチカチカするような名前ばかりですが、非常に細かい筋肉がたくさんあることに、感銘を受けます。中にはビールジョッキでビールを飲む時に使うbrachioradialis muscle/腕橈骨筋のように、手首の動きには関与しない筋肉がいたり、お相撲さんが突き押しで使うanconeus muscle/肘筋のように、関節包がひじ関節に対してずれないように保つ働きをする筋肉がいることが、面白く感じられます。

会社組織と似ていると思いませんか?会社組織でも、売り上げをあげない経理部門がとても大事だったり、ひたすらサポートや調整をこなす秘書部門の働きが、役員の働きをうんと支えていたりします。わたし自身は、自分の身体の中の気になっている筋肉名をクリアにできたので、あとは順に鍛え方を調べて、淡々と実践するのみです!

1月も半ばになりました。晴れやかに前へ進んでいきましょう!