朝起きたら、全部できていたらいいのに?

雪が積もりました。おはようございます。吉野実岐子です。

「朝起きたら、全部できていたらいいのに」そんな風に、努力なしに成果を得たくなる瞬間もあるでしょう。でも、その時間はなるべく短い方が、あなたのためです。

そうやって、欲をだすと、あなたのいる空間は、室外機の前に立ったように、もわっとしてきます。空間を自分で穢した合図です。もわっとした空間にいると、何かにフォーカスしづらくなって、メリハリがなくなり、だらだらします。うまく考えられなくなるので、行きたくないものに「行く」と言ったり、そこまで怒ることもないと思いながら、ドカンと怒ったりします。自分が空間を穢した結果、災厄を招くのです。

何かを得ようとがむしゃらになって、周りが見えなくなっているときも、実はあなたのいる空間は濁ってきます。真剣に集中しているようで、ただ欲を出しているだけだからです。そうして、本当に目指したものは目に映らなくなり、逃すことになります。欲張りには、最後は何も残らないのです。

まずは、自分からどれだけ欲が出ているか体感できるくらいに、物質として清い肉体を創ってみましょう。面白い体験が待っているでしょう。