器を広げたいなら、好みたいこと。

受験シーズン真っ只中のみなさん、力を出しきれますように!おはようございます。吉野実岐子です。

自分にとってわかりやすい経験や人に「いい人」や「素晴らしい経験だった」と、正の評価を与えていませんか?

あなたの器の内で把握できたら、正の評価が下される仕組みは、あなたを人として成長させてくれる仕組みでしょうか?

あなたの器を広げて、人として成長させてくれる人や経験は、少し厳しく感じられるものでしょう。これまでの自分のままでは、受け取り切れないでしょう。あなたの中にある評価システムは、むしろ受け取ることを、妨げるかもしれません。

実は、自分の中の評価システムが、運やチャンスを逃す原因になっていることは、よくあります。自分の中で、どんな評価システムが働いているか、観察を続けてみましょう。その上で、器を広げたいなら、厳しさを好みたいですね!

今日から二月です!