糖分もまた、身体に必要なものです。

桑の実ジャムがたまりません。おはようございます。吉野実岐子です。

日本人の平均砂糖摂取量は50gと、既に推奨摂取量(24~36g)の約2倍に達しているそうです。確かに、どんなにヘルシーに見えても、外食やお惣菜やレトルト頼みの生活の方は、スィーツや砂糖を控えた方がいいでしょう。

しかし、野菜や卵を買ってきて、毎食つくっている方なら、夜ココアに砂糖を入れるかどうか迷う必要はないでしょう。その罪悪感、要りません。

糖分もまた、身体に必要なものです。「これはよくない」と裁いて、自分を型にはめていくことは、身体を害します。

肉体は、クッションの役目も果たしています。人からネガティブな想念を受けるとき、脂肪がないとかなりつらいでしょう。ですから、誰かの作った理想の身体の数値ではなく、あくまでも、ご自身の身体に合わせて、脂肪もついているようにしましょう。

身体の声をきいて、糖分を摂取していくなら、あなたの身体に必要なだけ残っていくでしょう。そして、盾としての肉体も生んでいってくれるでしょう。人ごみなどに行けば、想念が蜘蛛の巣のように張り巡らされています。それなのに、頭で考えて身体をしぼったりすると、あなたからより一層、危機管理能力が失われていき、よりあなたが危機にさらされるだけです。