洗濯物が乾かない!

Happy Valentine’s Day! ワークショップも参加受付中です。おはようございます。吉野実岐子です。

名張は、年間通して湿度が高く、京都に比べ、まして東京に比べたら、圧倒的に洗濯物が乾きません。住む地域の特性によって、みなさんそれぞれ洗濯物を乾かす際、工夫されているでしょう。

そんな中「干しておけば乾くだろう」と受身でいると、乾くものも乾きません。洗濯物を乾かしたい方は、乾かすことを助けるものの機能とその適用範囲(限度)を、明確に知りましょう。例えば、大物を乾かすなら衣類乾燥機が圧倒的に機能するけれど、小物ならストーブの前に置いた方が早く、化学繊維のものが生乾きなら衣類乾燥機だが、綿など天然繊維が生乾きならアイロンをかけるのが一番早いといった具合です。さらに、それぞれのリスクも知っておきましょう。例えば、ストーブは場合によって焦げるから、念のため裏返しにしてかけておこうとか、衣類乾燥機を使うスペースの面積をうまく調整しないと、何日も洗濯物が乾かないまま過ぎるといった具合です。

さらに、洗濯物に優先順位をつける必要があります。これは3日以内に乾けばいいが、これは今夜までに乾かさないといけないといった優先順位をつけると、こちらはとりあえず部屋干ししておいて、どうしても乾かしたいものだけ衣類乾燥機にいれて完璧に乾かすことを優先しようといった案がでます。

「乾かすことを助けるもの(衣類乾燥機、アイロン、洗濯機の乾燥機能、ストーブなど)の機能×適用範囲(限度)×リスク」×「洗濯物の乾かす優先順位」を、考慮するだけで、新しく何か買い足さなくても、ちゃんと乾いていくお家がほとんどでしょう。ゼロ円でマネージメント能力をアップできる好機と捉え、ぜひ楽しんでみてください!