水になってみよう!

もうすぐ一年の1/6が終わります。おはようございます。吉野実岐子です。

わたしたちの身体は新生児は75%、子供は70%、大人は60〜65%、おじいちゃんおばあちゃんになると50〜55%が、水分から成っています。そのため、冷えや乾燥は一大事なのです。「足は冷たいけれど、これを終えてから」「乾燥してるだけで、病ではないから」は、あやまった認識です。

今日は水になってみましょう。今からあなたは体内の水です。準備はいいですか?

一、起き抜けにいつもの飲料が入ってきました。仲間が来てくれたと感じますか?それとも逃げたくなるでしょうか?
二、体内で移動したいのに、移動できない箇所や移動しづらい部分はありますか?
三、体内を探検していて、どんな発見がありますか?

ぜひ、水として発見したことを、人間であるあなたが活かしていってください!