Tags

ドイツマリエン薬局の対応は、やはり最高だなと思いました。おはようございます。吉野実岐子です。

一瞬、凛として見える人には、単に精巧に作り込んでいる人が、多く存在します。内から立つ力として、新芽のように凛としているわけではなく、デザインを細かく決め、戦略的に凛としているのです。

内から生命力が立っている場合には、ただ目一杯生きようとしているだけで、凛として見せたいという欲はありません。故にその内実は、新芽と同様にどこまでも柔らかです。

凛として見えるよう、精巧に作り込んだ場合には、凛として見せたいという欲が構成要素の多くを占めます。新芽の爽やかさや柔らかさはなく、フェイクグリーンのような硬さと成長のない不自然さが、時を経て際立ってきます。

凛として見える人の中には、人にアイスピックをさすような言動を平気で行える人もいます。とことん自分中心で、奥ゆかしいつもりで、臭い欲を隠してごまかしているだけです。中にはそのアイスピックを強さだと感じて、頼り始める狂った人も多くいます。

改めて、新芽を頼りに、我が身を振り返ってみてください。「人からのこういうフィードバックは気に入っている」と言っているうちは、真に生きることより、望むように生きていると見せかけることに、エネルギーを使っています。

見せかける必要があるところに、あなたが生き直す、出直す理由が存在します。