Tags

三月とも今日でお別れです。おはようございます。吉野実岐子です。

みなさんは、「息を吸って」と言われると、無理に吸っても畳でごろごろしながら吸っても、全部一緒だと思われていますか?

実際に使う筋肉を見ていくと、その内実はだいぶ違うことを、頭でも判別できるでしょう。例えば、畳でごろごろしながら、自然と息を吸っているときには、横隔膜と外肋間筋を主に使っています。ところが、ゆっくり歩いている状態で吸っているときには、横隔膜と外肋間筋に加え、内肋間筋前部も使います。さらに、ガチガチに緊張していて無理やり吸うときなどは、横隔膜・外肋間筋・内肋間筋前部・胸鎖乳突筋・斜角筋群、大胸筋・小胸筋・僧帽筋・肩甲挙筋・柱起立筋群・上後鋸筋・肋骨挙筋を使うのです。

驚きましたか?だいぶプロセスが違うでしょう?

こういうことを、いちいち説明されないと理解できない鈍さを生きていると「新種の海洋生物を見つけたら、解剖しましょう」などと、生き物を殺したり自然環境を荒らしたりする流れを止められません。頭を介さずとも、身体でプロセスの違いを感じる力を取り戻しましょう。