Tags

おはようございます。吉野実岐子です。

先日の続きです。みなさんは、息を吸うのと吐くのと、どちらが得意でしょうか?ゆっくり吐けても、ゆっくり吸えなかったり、その逆だったりと、なにか特徴をお持ちだと思います。吸うのと吐くのと、同じことを逆にしているだけだと、思ったりもしていましたか?

実は、こちらも吸うときと吐くときで、使う筋肉が異なります。

吸うときは、横隔膜・外肋間筋・内肋間筋前部を使います。吐くときは、腹直筋・腹横筋・内腹斜筋・外腹斜筋・内肋間筋横部と後部を使います。

ゆっくり吸えても、ゆっくり吐けなかったりするのは、使う筋肉が違うからです。そして、少し鍛えることで、呼吸を改善することも可能です。

呼吸が深まると、血液循環もよくなるから、身体の隅々まで酸素などが運ばれ、頭の回転も速くなるし、冷えも緩和されます。また、呼吸によって、自律神経が整うので、胃腸の働きもよくなります。

なにより大切なのは、自然と呼吸の質がよくなるような地球環境と人間社会を創っていくことでしょう。