Tags

おはようございます。吉野実岐子です。

氷見市立博物館(富山県)に行った際、刈り取った稲が、籾と藁に分けられ、籾は玄米(白米+米ぬか)ともみ殻に、藁は藁と藁しべ(馬小屋の敷物・かつての藁布団・かつて畳の代用だったものの材料)と藁灰(石鹸や重層の代わりの他、肥料や火鉢保温材)に、それぞれ細かく分けられ、その先に用途があったことを知って、生きるってこういうことだなと、しみじみ思いました。

生きるって、どこまでも用途があって、また用途を生み出すための工夫を人間が怠らないことだと、思ったのです。上で言うと、白米はさらに、ご飯・お餅・酒造米・米菓材料になります。糠は糠床や糠袋(石鹸の代わり)になります。籾は、卵やりんごを運ぶ際のクッション材や枕の材料や、燃やした後肥料になっていくのです。

江戸期には、藁に至っては、綯う物・敷物・入れ物・履物・着物と、主に5種類の用途があったそうです。綯う物としては、左撚りにすればしめ縄・結界縄に、右に強く撚れば漁業用の堅縄に、右に強くはせず撚れば、物を縛る縄になります。敷物としては、むしろや畳床になります。入れ物としては、米俵などの俵などになり、履物としては草鞋・草履・長靴などになり、着物としては蓑などになったそうです。先人の創造性に圧倒されますが、まだまだその他の用途もあって、土壁の補強材に屋根の材料に、納豆床・燃料・外虫除けの火串などになったそうです。

考えるのを止めて、捨てる/買うに移行して、創造性を鈍らせるのではなく、改めて工夫し尽したいと、先人に頭が下がった時間でした。創造性をとことん生かし切ることこそ、自分と社会と地球をダメにしないことではないでしょうか?