Tags

ツバメが飛び始め、急に満開になった桜に驚きつつ、今年最後の林檎ジャムをつくりました。おはようございます。吉野実岐子です。

「人がやるのはいい」「人にはいいことを願える」という方がいます。例えば、セラピーに行く同僚を応援できるけれど、自分がセラピーに行くなんてと思うのです。人の幸せは願えるけど、自分が幸せになる勇気は出さないのです。

これは、100%偽善です。単に人には無関心だから、やすやすとそう思えるのです。「人にいいことを願う」自分の体の良さを愛しているだけです。自分しか見ていません。

体よく過ごしていると、表面しか見ない人ばかり、あなたの周りに集まるでしょう。あなたに無関心だから、あっさりこう言ってくれます。「応援してるよ」「早く楽になれるといいね」「幸せになってね!」。そこであなたは「みんな優しい」と涙にくれるのです。あなたを見ていない言葉で、涙できるのがあなたなのです。

偽善者の周りには、偽善者が集まります。偽善者は容易に多く集まりますが、何かあると蜘蛛の子を散らしたように、きれいさっぱり消えます。あなたが苦しいとき側にいる人は、偽善者の中からは出てきません。

そして、あなたもそのことを知っているでしょう。だから、こんなに周りに人がいても、あなたは苦しんでいて、いつも孤独で、本当の悩みを人に言うことができないのです。あなたが偽善者なのです。