Tags

たけのこご飯や炊いたわらびから、春を受け取っています。おはようございます。吉野実岐子です。

触覚は、どこまでがあなたで、どこからが世界かを教えてくれます。だから、メールマガジンでは再三、お子さんの足の裏など触ってあげるよう、伝えています。

どこであなたが終わり、どこから世界がはじまるかが正しく認識されると、釘を打とうとして指を打つことはなくなり、大工道具なども上手に扱えるようになります。

触覚が目覚めてくると、自分の身体の中の位置関係を、感覚として受け取れるようになっていきます。

触覚を呼び覚ますために、まずは、自然素材100パーセントのものをだけ身につけ、布団カバーやブランケットなども、最低でも3日に1度は洗濯することを、当たり前としましょう。

明日に続きます。