Tags

桜で狂っている時期を避けて美容院に行けたので、ホッとしました。おはようございます。吉野実岐子です。

みなさん、腕の関節はいくつあると思いますか?「肩と肘と手首で三つじゃない?」と思う方が多いかもしれません。

でも、実は腕の関節は四つなのです。肩(肩甲上腕関節)と肘(肘関節)と手首(手関節)に加えて、胸鎖関節(鎖骨と鎖骨の間、ちょうどネックレスのヘッドが来る辺りの下)があるのです。胸鎖関節は、顎から少し下に行ったところにあるわけですが、ここから腕が始まっているのです。

「腕は肩甲骨から動かしましょう」と言ったりしますが、「胸鎖関節から動かしましょう」と言われた方が、驚く人が多いかもしれません。よかったら今、片方の腕を軽く動かしながら、もう片方の手で胸鎖関節を触ってみてくださいね。

もしも胸鎖関節がないと、腕が胴体から浮いてしまうことになります。胸鎖関節があるから、腕と胴体がつながっていて、連携できます。

今「あー驚いた」と思っている方は、これで認識が変わったので、腕や肩の可動域が今日から広がる可能性があります。ぜひ新しい感覚を楽しんでくださいね!