空間を要求する。

上野で開催中の「大英自然史博物館展」に行ってこれました!おはようございます。吉野実岐子です。

「空間を感じてね」と伝えると、空間を想像しはじめてしまう方がいらっしゃいます。そうではなく、敢えて言い換えるなら、空間を要求してみてください。要求する感覚は、こちらをご参照ください。

空間を感じると、当然地球全体を感じていくことになります。今あなたがいるところより荒れ果てたところも、今あなたがいるところよりずっと美しいところも、全てを感じることになります。あなたを揺るがしもし、あなたの目を見開くことにもなるでしょう。

もし本当にそれだけ広大な範囲を感じたら、頸椎がばんばんずれる程度ではおさまらず、何日も寝込むことになると思います。それでも、徐々に空間を要求し、感じる範囲を広げていく方向が、地球全体が正しい位置に戻っていくために、人間が向かうべき方向です。